マンガ制作ソフト「コミPo!」海外へ 2011年春発売目指す

 「絵が描けなくても誰でも手軽にマンガを創作出来る」といコンセプトで話題を呼ぶPC向けソフト「コミPo!」が、無料体験版の配布を経て、12月15日に発売となった。このソフトは決められたフォーマットとパーツの組み合わせで、マンガを作るという斬新なアイディアによって注目を浴びている。マンガ表現の可能性を広がるものだ。
 12月15日の発売と同時に、ソフトを開発・販売をするウェブテクノロジ・コムとコミPo!製作委員会は、本ソフトの英語ローカライズ版を開発中であることを明らかにした。ソフトは2011年春頃の販売開始を予定する。販売方法や価格については明らかにされていない。

 日本マンガがグローバルに普及するに連れて、海外でも日本のマンガスタイルで作品を描くキャラクターが増えている。とりわけマンガに馴染みが深いアジア圏では、同人作品の制作も活発化している。
こうしたニーズに対して、セルシスの開発したマンガ制作ソフト「Comic Studio」(英題:Manga Studio)の英語版、中国語版が海外で販売されている。しかし、「Comic Studio」はもともとマンガ制作のある程度経験があるか、絵心のある人向けのものだ。
 「コミPo!」はプロ仕様、セミプロ仕様というよりも、誰でも手軽にマンガを目指したものだ。日本のマンガを描いてみたいという層は、海外でも少ないとみられる。「コミPo!」英語版の開発は、日本マンガスタイルの普及に一役買うかもしれない。

コピモ公式サイト http://www.comipo.com/
ウェブテクノロジ・コム http://www.webtech.co.jp/