LAの新アニメイベント アニメ・マンガ重視にタイトル変更

 2011年7月1日から3日まで、カリフォルニア州アナハイムで開催されるアニメ・マンガ・音楽のイベントClub 2 the MAXは、イベントのタイトルを「AM2」に変更する。AM2はアニメ(Animation)、マンガ・コミック(Manga/Comics)、ミュージック(Music)の3つの頭文字を合わせたものだ。
 主催者によれば、2010年の小規模な開催では「Club」の名前は相応しかったが、2010年はより大きなイベントになるためこれに合わせて名称を変更した。

 また、今回の名称変更はイベントの微妙な路線変更も窺わせる。もともとClub 2 the MAXは、同時期にロサンゼルスで開催される全米最大のアニメエキスポの対抗イベントとして登場した。アニメエキスポは主催団体が、日本アニメーション振興会(The Society for the Promotion of Japanese Animation)と日本カルチャー特化が特色だ。
 これに対してClub 2 the MAXは、アジアカルチャーを全面に押し出して差別化を図っていた。アニメエキスポとは異なるニーズを狙った。

 ロサンゼルスでは、やはりアニメエキスポから分裂したパシフィック・メディアエキスポが毎年秋に開催されている。同イベントも開催にあたっては、日本カルチャーだけでなくもっと幅広いアジアカルチャーを謳っている。しかし、パシフィック・メディアエキスポは開始以来参加者が伸び悩んでおり、こうした切り口のイベントにそれほど大きなニーズがないことを感じさせる。
 Club 2 the MAXからはパシフィック・メディアエキスポは反面教師となるだけでなく、むしろアニメエキスポでなくこちらと競合する。AM2の名前には、より日本文化よりのイベントであることをアピールする狙いがあるに違いない。

 AnimationのAとする頭文字もどちらかといえばAnimeの頭文字としての印象が強いし、ComicsのCでなくMangaのMを採用したことからもこれは理解出来る。そして何よりもMusicの説明にはJ-Pop、J-Rock、ビジュアル系、その他の音楽と、日本の音楽だけを列記した。
 日本コンテンツへのフォーカスでより多くの集客を見込むことになるが、それでは今度は同日開催のアニメエキスポと正面から競合する。AM2はアニメイベントとしては高額の入場料とされるアニメエキスポに対抗して入場料フリーを打ち出す。モノやサービスの価格にシビアとされる米国のアニメファンが老舗のアニメエキスポと新興のAM2のどちらに足を向けるか興味深いところだ。

AM2 http://www.am2con.org/