まんだらけ出店一段落で通期増収増益 今期イベント強化

 11月15日、中古マンガ本やプレミアグッズなど売買のまんだらけが、平成22年9月期通期決算を公表した。売上高は前期比で5.3%増加し、81億1400万円と80億円の大台に乗った。また、営業利益は6億2500万円(前期比71.9%増)、経常利益は4億5300万円(同86.5%増)、当期純利益は2億5000万円(同87.4%増)と利益面も好調だった。
 まんだらけによれば既存店各店の業績が堅調に推移する一方で、多言語で対応したインターネットオークション、ウェブ通信販売が利益の拡大に貢献している。ネット事業の拡大も好業績につながったようだ。また、大型店舗の新設・移転一段落する一方で、売上げ増加していることから借入金返済や社債償還が進み利子負担が減少している。

 部門別の売上高をみると、本が16億8800万円で全体の20.8%、トイが21億4300万円(26.4%)、同人誌が20億500万円(24.7%)、そしてセル画や絵コンテ、原画などアニメ・マンガ関連のプレミアグッズ、DVD・CDなどから構成されるその他が22億1900万円(27.4%)である。主要4分野でバランスよく分散していることが分かる。
 平成22年9月期は同人誌の売上高は2.6%減少、本が0.3%減でほぼ横ばいだった。これに対してトイは、16.8%と大きく伸びた。また、その他も5.9%増加しており、中古マンガ本・同人誌よりもトイをはじめとするコレクションアイテム・プレミアグッズの成長性が高いことが分かる。
 売上高が伸びる一方で、仕入れは42億1500万円と前年比1.3%減とむしろ抑え気味であった。特に同人誌の仕入れが10.1%減と1割以上減っている。仕入れ・買い取りの絞り込みが、利益率の向上につながったようだ。

 今期 平成23年9月期ついては、売上高81億9300万円、営業利益6億4100万円、経常利益5億1700万円、当期純利益2億7200万円といずれも小幅な増加を予想する。好調であった平成22年9月期を維持するとの見通しだ。
 こうした業績を達成するために希少品の買取り強化、そして好調なウェブ通信販売の拡大を図るとしている。さらに名古屋店、グランドカオス店を中心にイベント開催を強化する。独自イベントの開催で新規顧客の獲得につながることを目指す。

まんだらけ http://www.mandarake.co.jp/