国内出版37社が北米向けマンガポータルサイト設立 年内β版目指す

 国内の有力出版社37社が共同して、北米のマンガファンに向けた総合ポータルサイトを設立する。「Jマンガポータルサイト」と仮称されたサイトを設け、ここから各社が権利を保有するマンガ作品をデジタル配信する。北米のマンガファンがそこに訪れれば、ほとんどの日本のマンガが分かることを目指す。
 サイトの構想は11月12日に東京・秋葉原UDXにて開催されている電子書籍・コミックサミット in 秋葉原で行なわれた講演会で集英社の鳥嶋和彦専務取締役が明らかにした。鳥嶋氏の講演は集英社のデジタルコンテンツ戦略を語るもので、この構想は海外向けのネット戦略のひとつとされた。

 鳥嶋氏と集英社の担当者によれば、このマンガポータルサイトは国内の大手出版社のほとんどが参加するデジタルコミック協議会をベースに進められる。既に制作準備、各社のヒヤリングに入っており、年内にはβ版のオープンを目指す。来年3月に本格的な配信をスタートする。
 配信作品は各出版社の意図に基ずくとしており、現段階で、作品タイトル、作品数は発表出来ないとした。デジタルコミック協議会には、秋田書店、角川書店、講談社、集英社、小学館など、国内のマンガ出版大手が参加する。2011年に向けて、日本のマンガ業界の北米直接進出が一気に進むことになる。

デジタルコミック協議会 http://www.digital-comic.jp/
[参加出版社]
茜新社、秋田書店、アスキー・メディアワークス、イーストプレス、一迅社、エンターブレイン、オークラ出版、宙出版、学習研究社、笠倉出版社、角川書店、幻冬舎コミックス、講談社、実業之日本社、集英社、ジュネット、小学館、小学館集英社プロダクション、祥伝社、少年画報社、新書館、新潮社、竹書房、辰巳出版、徳間書店、日本文芸社、白泉社、富士見書房、扶桑社、双葉社、フランス書院、ぶんか社、芳文社、マガジンハウス、メディアファクトリー、リイド社、リブレ出版