TBS HD第2Q アニメ事業「けいおん!」好調売上げ20%増

 11月2日に発表されたTBSホールディングス(TBS HD)の平成23年3月期第2四半期決算によれば、同社のアニメ事業が好調に推移している。同社のアニメ事業はTBSテレビの事業局映像事業アニメに分類される。
 第2四半期までの売上高は11億8700万円となり、前年同期の9億9800万円を20%上回った。大幅増収は『けいおん!』シリーズのヒットのためである。TBS HDは、『けいおん!!』のBlu-ray Disc、DVD、関連商品の販売が放映終了後も持続していると説明している。
 TBSは平成22年3月期の第2四半期決算でも、アニメ事業は『CLANNAD~AFTER STORY』と『けいおん!』の大ヒットにより前年の4億2900万円を大きく上回る大幅増収としていた。今期は好調とされた前年同期をさらに上回った。
 『けいおん!』シリーズは、かきふらい さん原作の4コママンガをテレビアニメシリーズ化した作品である。2009年春に最初のシリーズを1クールで放送したが、アニメファンから大きな支持を得て大ヒットとなった。こうした人気を受けて2010年4月からは、続編を2クールとして9月末まで放映した。シリーズの拡大も売上げに貢献していそうだ。
 
 一方、TBS HD全体では減収減益となった。第2四半期までの売上高は1668億1500万円(前年同期比5.1%減)、営業利益18億8800万円(同35.6%減)、経常利益27億2200万円(同21.4%減)、そして四半期純損失が26億9200万円である。
 主力の放送事業セグメントが売上高は965億3300万円(同5.8%減)、営業損失14億6300万円だったのに加え、アニメ事業も含まれる映像・文化事業セグメントも売上高619億7900万円(同4.6%減)、営業損失4億4400万円だった。アニメや文化事業、ペイテレビ事業は好調だったが、前年好調だった映画事業の減収減益幅が大きく、DVD事業も大幅減収となったのが響いた。

TBSホールディングス http://www.tbsholdings.co.jp/