プリキュア映画第10弾 2011年3月19日公開 

 10月28日に東映アニメーションの製作するプリキュアシリーズ映画第9弾『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』が劇場公開をスタートさせた。前作、今春に公開された『プリキュアオールスターズDX(デラックス)2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』が、シリーズ最大のヒットになっているだけに、本作にも期待が集まる。
 そうした中でシリーズ第10弾の劇場公開が早くも決定した。東映アニメーションは10月28日に開催された2011年3月期第2四半期決算説明会にて、2011年3月19日に『映画プリキュアオールスターズDX3未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』を公開することを明らかにした。2009年、2010年と人気を博したこれまでのシリーズのプリキュアが全員登場するオールスターになるようだ。

 2011年3月19日の公開日は思い切った設定だ。春休みシーズンに行うことで、観客を最大化する狙いがあるとみられるが、既に発表されている「JUMP HEROES film映画『ワンピース3D×トリコ3D』」と同日になる。東映アニメが製作する劇場アニメーションが同日に一挙に3作品公開されることになる。劇場事業が好調な東映アニメの同事業への積極姿勢が見て取れる。
 このほか東映アニメは2011年には3部作を予定する大型シリーズ『手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-』を5月28日に公開予定だ。さらにこれまで製作が明らかにされている『虹色ほたる』、『GAIKING』、『SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK』もラインナップされている。また、これ以外にも企画・製作が進んでいるとしているから、今後、オリジナル作品を中心に次々に劇場作品が姿を見せそうだ。

 劇場製作では2012年2月公開に向けて、中国の上海メディアグループとそのグループ会社Toonmaxと劇場版『一休さん』の日中共同製作も行う。2011年2月には『映画 ハートキャッチプリキュア』のフランス公開も決まっている。劇場映画を通じた海外事業の拡張も目指している。  
 また、東映アニメの決算説明会では、2011年に向けた新作テレビシリーズを準備中であることも明らかにしている。

東映アニメーション http://www.toei-anim.co.jp/