新雑誌「コミックゼノン」イーブックに 電子出版でも発売

 10月25日に創刊した新マンガ月刊誌「コミックゼノン」が書店だけでなく、ネット上でも手に入るようになった。国内最大の電子書籍販売サイトであるeBookJapanは、10月29日より、「月刊コミックゼノン」の電子版の販売を開始した。
 これはeBookJapanを運営するイーブック イニシアティブ ジャパンとノース・スターズ・ピクチャーズの電子化契約の締結によって実現したものだ。eBookJapanは店頭での「月刊コミックゼノン」発売からおよそ1週間後に、電子書籍版「月刊コミックゼノン」を販売する。一般のマンガ雑誌が、書店版と電子版の二通りで発売される先駆的な試みになる。

 「コミックゼノン」は、コアミックス編集のもと発刊される大型マンガ誌である。「週刊少年ジャンプ」元編集長、「週刊コミックバンチ」立ち上げなどで知られる堀江信彦さんが、時代に合ったあらたなマンガ誌とし編集の指揮を執る。
 原哲夫さんや北条司さんなど大物マンガ家の連載が注目を集めている。原哲夫さんの『いくさの子~織田三郎信長伝~』は、10年ぶりの完全新作、戦国の世を大河ドラマとして描き出す。さらに北条司さんの『エンジェル・ハート 2ndシーズン』、北条司原作の『キャッツ・アイ』のリメイク『キャッツ・愛(漫画・阿左維シン)』などが目玉となる。毎月25日発売で、電子書籍版も毎月発売となる。

 電子書籍版には、紙雑誌に掲載された全ての作品を収録する。597ページのボリュームとなった創刊号もそのまま楽しめる。また、この電子書籍版は、Window、Macの各OSに対応するほか、iPadやiPhone、iPod touch、さらにAndoroid、Windowsphoneなど様々なデバイスに対応する。ユーザーの様々なニーズに応える。創刊号の価格は税込525円となっている。
 「月刊コミックゼノン」は、これまでにない新しい雑誌をコンセプトにしている。雑誌の販売も最新のトレンドである電子書籍にいち早く取り組むことで、同誌のコンセプトが表れたかたちだ。

月刊コミックゼノン http://www.comic-zenon.jp/
eBookJapan  http://www.ebookjapan.jp/ebj/