ブロスタTVとJCTV 立体映像制作ブランド「Exact 3D」設立

 動画配信サイトの運営を手がけるブロスタTVは日本ケーブルテレビジョンと共同で、3D(立体視)映像のコンテンツ開発に乗り出す。両社は共同で3D映像制作ブランド「Exact 3D(イグザクト・スリーディー)」を立ち上げる。
 3Dコンテンツは昨今注目が増しており、今後映画館だけでなく、テレビ放送やゲームなどでも広く利用される見込みだ。「Exact 3」は、ブロスタTVと日本ケーブルテレビジョンの統一ブランドとして、今後ニーズが増す3Dコンテンツの提供を目指す。

 ブロスタTVは、テレビ朝日とコンテンツ制作のデジタルスケープが共同出資で設立したベンチャー企業だ。単純な動画配信にとどまらず、クリエイターの発掘や育成、コンテンツの制作、そしてそのライセンス管理なども行なう。サイトでは映像だけでなく音楽、ゲーム、マンガ、キャラクターといったコンテンツも取り上げる。
 これまでにコミックス・ウェーブ・フィルムと共同で、アニメ作品『Peeping Life』を開発し、そのビジネスも手がけている。コンテンツ制作やコンテンツプロデュースも目指す。
 ニュース専門局CNNjの運営など日本ケーブルテレビジョンも、テレビ朝日にグループ会社である。今回はグループ2社が新分野の事業で手を組む。
 
 今後両社は、「Exact 3D」による立体映像のブランド確立を目指す。映画やアニメ、それに音楽、スポーツ、ゲーム、イベントなど幅広いジャンルでの立体映像制作を行なう。
 独自開発のソフトウェアによる2D作品の3Dへの変換サービスや3D撮影機材を活用した実写撮影・編集サービスなど互いのコンテンツ制作の経験と技術を共有することでこれを実現する。これらにより高品質でコストパフォーマンスの良い映像制作が可能だとしている。

ブロスタTV http://blog.brosta.tv/
日本ケーブルテレビジョン http://www.jctv.co.jp/