「俺妹」「咎狗の血」の北米配信 SD無料、HD有料で実施

 北米エリアで『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の本編配信を発表していたアニメニューズネットワーク(Anime News Network:ANN)は、同時配信ビジネスの第2弾として『咎狗の血』を発表した。ANNは『俺妹』と同様、配信にあたっては、アニプレックス・オブ・アメリカと提携する。
 本作はゲームソフト会社Nitro+CHiRALの女性向けのゲームソフトを原作にしており、ボーイズラブや容赦のないストーリー展開が魅力となっている。アニメ制作にA‐1 Pictures、監督に紺野直幸さん、シリーズ構成に高橋ナツコさんといった実力派が手がける。
 国内では10月7日のMBSを皮切りにTBS、CBCで放映され、インターネットではニコニコ動画、バンダイチャンネル、Showtimeが配信を行なう。これに北米向けの配信としてANNが加わるかたちだ。配信開始は10月7日のMBSの放送から6日後、テレビ放送では最も遅くなるCBCの10月13日と同日になる。
 また、『俺妹』の配信開始は10月9日である。これもTOKYO MXのテレビ放送開始から6日間遅れるが、最後の地上波テレビ放送である毎日放送の放映と同日になっている。日本での地上波放送が全て終了すると同時という戦略が取られているようだ。

 ANNはまた、今回の2作品の同時配信のビジネスプランも明らかにしている。ANNの配信は無料視聴と有料視聴を組み合わせたかたちとなる。いずれも日本語音声に英語の字幕をつけたものだが、視聴者へのサービスの内容が変わる。
 無料配信の画質は360pと480p のSDとなるが、有料配信はHD 720pとよりきれいな映像を楽しめる。また、無料配信には広告が付加されるが、有料配信では広告なしで見られる。価格は各作品1シーズン全話数で5ドル、両作品を同時に申し込むと8ドルと、既存の配信サービスより低く抑えられている。価格面での魅力も押し出すようだ。

 北米ではすでに複数の企業が日本のアニメの同時配信を行なっているが、有料課金を打ち出したのはANNがクランチロールに続いて2社目となる。ただし、クランチロールの有料会員へのサービスの魅力が他の会員より1週間早く視聴出来る「早さ」を打ち出しているのに対して、ANNは「クオリティ」で差別化する戦略を取る。異なった戦略が並ぶことで、北米のアニメ業界にとっては今後の選択が広がるポジティブな面が強い。
 一方で、依然、インターネット上に違法配信が溢れる状況で、課金ビジネスがうまくいくのかは予断を許さない。クランチロールの有料会員の伸び率は必ならずしも高くない。またANNの低価格戦略からの収入もパッケージビジネスに期待されるライセンス料からはかなり開きがあると考えられる。それでもパッケージビジネスの継続的な縮小が続く北米のアニメ市場では、今後期待出来る数少ない方法がオンラインによるビジネスであることは間違いない。

アニメニューズネットワーク(Anime News Network:ANN)
http://www.animenewsnetwork.com/
アニメプレックス・オブ・アメリカ 
http://www.AniplexUSA.com

『咎狗の血』 公式サイト
http://www.togainu.tv/
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 公式サイト
http://www.oreimo-anime.com/