「劇場版 遊戯王 5D’s」4キッズが世界展開

 アニメ「遊戯王」シリーズの放映開始10周年を記念して製作した映画『劇場版 遊戯王 ~超融合!時空を超えた絆~』が、世界展開されることになった。米国のキャラクター会社4キッズ・エンタテインメント(4Kids Entertainment, Inc.)は、同作のアジア地域を除く上映権、放映権、ビデオグラム化権を獲得した。10月4日からフランス・カンヌで開かれる番組見本市MIPCOMで、作品を披露する。
 『劇場版 遊戯王 ~超融合!時空を超えた絆~』は、国内では2010年1月23日に劇場公開し大きな人気を博した。2DとフルCGのハイブリッド作品で、2D劇場アニメにいち早く3D(立体視)を取り入れた。また、これまでのテレビシリーズ3作品『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』、『遊☆戯☆王5D’s』の主人公が揃って登場することが話題を呼んだ。

 4キッズは長年テレビアニメ『遊戯王』のアジアを除く海外ライセンスを取り扱ってきた会社である。2Dアニメの3D(立体視)作品の投入で、シリーズの人気をさらに盛り上げると見られる。
 同社は本作を2011年初頭に、3D対応の劇場にて限定公開する予定だ。映画公開後、テレビ放映やDVDの発売で世界展開を目指す。『遊戯王』の劇場版は2004年夏に、北米独自作品の『遊戯王 ザ・ムービー』が全米公開されている。このためシリーズの劇場公開は7年ぶりとなる。今回は小規模な公開になると見られるが、シリーズのファン層は厚いためDVDでのセールスを期待することになりそうだ。

 「遊戯王」シリーズは世界80カ国でテレビ放映をされ、作品から派生するトレーディングカードゲームは6ヶ国語で発売、累計販売枚数は世界51カ国で225億枚を超える。世界で最も売れたトレーディングカードゲームとしてギネス・ワールド レコードにも認定されている。
 『劇場版 遊戯王 ~超融合!時空を超えた絆~』人気アニメの3D作品ということもあり、大きな反響が期待出来る。こうした「遊戯王」シリーズの人気をさらに活性化させるだろう。

4キッズ・エンタテインメント(4Kids Entertainment, Inc.)
http://www.4kidsentertainment.com/
アニメ「遊☆戯☆王」シリーズ10周年記念公式サイト 
http://www.yugioh10th.com/