日本ゲーム大賞決定 経済産業大臣賞に堀井雄二氏

 9月16日、幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2010の会場で、日本ゲーム大賞の発表受賞式が行われた。日本ゲーム大賞2010は2009年4月1日から2010年3月31日までの間にリリースされたゲームの中から年間を代表するに相応しい作品を選ぶ。
 大賞には任天堂がWii向けに発売した「New スーパーマリオブラザーズ Wii」が選ばれた。日本ゲーム大賞を主催する社団法人コンピュータエンターテイメント協会によれば、同作は一般ユーザーから圧倒的な支持を受けたという。さらに日本ゲーム大賞選考委員会でも、ゲーム初心者と上級者、さらに世代を超えて遊べることがゲームの本質を体現していると高い評価を受けた。       

 任天堂はこのほか「New スーパーマリオブラザーズ Wii」以外に10作品が選出された優秀賞に、「Wii Sports Resort」、「トモダチコレクション」が入った。また、グローバル賞日本作品部門にも「Wii Sports Resort」が選ばれるなど会社としての強さをみせつけた。
 一方、年間で最も販売本数が多かった作品を表彰するベストセールス賞は、「すれ違い通信」で社会現象を引き起こしたスクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」だった。本作の国内総販売本数は2010年6月末で430万本を超えている。また、同作は優秀賞にも選ばれておりダブル受賞となっている。

 2008年より設けられている経済産業大臣賞は、ゲームデザイナーの堀井雄二さんである。この賞は、本の家庭用ゲーム産業の発展に寄与した人物や制作団体を表彰するものである。これまでに宮本茂氏、モンスターハンター開発チームが受賞している。堀井雄二さんは「ドラゴンクエスト」シリーズに知られている日本を代表するゲームデザイナーである。本年は同シリーズの存在感が大きかった。
 また、クリエイターが選ぶクリエイターのための賞として、本年より設けられたゲームデザナーズ大賞はQuantic Dreamのは「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」で海外から選ばれた。

「日本ゲーム大賞」公式サイト http://awards.cesa.or.jp/

大賞
 New スーパーマリオブラザーズ Wii (任天堂)

優秀賞
 イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード (レベルファイブ)
 Wii Sports Resort (任天堂)
 トモダチコレクション (任天堂)
 ドラゴンクエストIX 星空の守り人 (スクウェア・エニックス)
 New スーパーマリオブラザーズ Wii (任天堂)
 FINAL FANTASY XIIIPS3 (スクウェア・エニックス)
 BAYONETTA(ベヨネッタ) (セガ)
 ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー (ポケモン)
 モンスターハンター 3(トライ) (カプコン)
 ラブプラス (コナミデジタルエンタテインメント)
 龍が如く4 伝説を継ぐもの (セガ)

ベストセールス賞
 ドラゴンクエストIX 星空の守り人 (スクウェア・エニックス)

グローバル賞/日本作品部門
 Wii Sports Resort (任天堂)
グローバル賞/海外作品部門
 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア (Activision/Infinity Ward)

経済産業大臣賞
 堀井 雄二

ゲームデザイナーズ大賞
 HEAVY RAIN -心の軋むとき-
 開発元: Quantic Dream 
 国内発売・販売元: ソニー・コンピュータエンタテインメント