ニコニコ動画 今秋アニメ新番組9作品を無料配信

 動画共有・配信サイトのニコニコ動画は、この秋スタートのテレビアニメ9作品を無料配信することを明らかにした。このうち6作品は『とある魔術の禁書目録Ⅱ』、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』、『薄桜鬼Ⅱ』、『そらのおとしもの フォルテ』、『探偵オペラ ミルキィホームズ』、『灼眼のシャナ』となっている。残る3作品については、9月18日20時半よりニコニコ動画内で配信する「ニコニコ生放送」の「秋アニメ新番組 先取り徹底ナビ!」にて発表する予定である。
 現在、配信が発表されているタイトルはライトノベルやゲーム原作を中心に、コアなファンをしっかりと抱えたものが多い。ユーザーの作品へのロイヤリティが高いニコニコ動画に合ったものと言えそうだ。

 現在、配信が決定している作品は、これから10月初頭にかけてニコニコ動画「ニコニコチャンネル」内に公式チャンネルを開設する。テレビ放映後の最新エピソードを1週間無料配信し、無料配信終了後は有料配信に切り替わる。
 いずれもニコニコ動画内の決済システムニコニコポイントで支払いを行う。ニコニコ動画の持つ多くのユーザー、アニメファンを最新のアニメ配信に結びつける。

 ニコニコ動画は、今年の7月にも夏スタートの新作テレビアニメシリーズ6作品の無料配信を行っている。こちらも今回と同様に最新作を一週間無料で配信、以降有料放送に移行するというものである。夏新番で試みの成功が、この秋のより規模の大きな展開になったようだ。
 もともとニコニコ動画の新作アニメの配信は、2008年に自社製作した『ペンギン娘 はぁと』がスタートになっている。しかし、この試みは2009年の『おんたま!』が最後となり、その後は引き継がれなかった。
 その後は、有料と無料を組み合わせた既存の他社作品の公式チャンネルを設けることに力を入れていた。そして、この夏からアニメ公式配信のプラットフォーム事業に特化することで、新作アニメ事業に特化する。人気アニメの配信は広告事業やサイトの登録会員増加が期待出来る。さらに、無料配信後の番組は有料配信に切り替わるため、サイトの有料コンテンツの充実も図られる。有料コンテンツの利用が増加すれば、現在は広告収入と有料会員収入が中心のニコニコ動画の収益の多角化も可能となる。

ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/