AM施設にコンテンツ直接配信 タイトー12月導入

 アミューズメントゲーム事業会社タイトーは、アミューズメント施設で利用されるゲームのコンテンツをサーバーから直接ダウンロードする新しいコンテンツ配信事業を開始する。「NESiCA×Live(ネシカ クロス ライブ)」と名付けられたシステムは、2010年12月から発売を予定している。
 従来のゲームでは新しいタイトルが発売される度に、各店舗がゲーム基板を購入する必要があった。しかし、「NESiCA×Live」では、システムアミューズメント施設を運営する店舗がサーバーからコンテンツを自動でダウンロードする。これにより店舗はタイトル毎にゲームを買い替える必要が無くなり、新作タイトルの導入もより容易になる。

 また、「NESiCA×Live」を利用すると、過去の人気コンテンツなども直ぐに遊べる。ゲームの導入や入れ替えが容易になり、また利用出来るタイトルが増加すれば、ユーザーのニーズにより迅速に対応し、経営の効率化も可能である。タイトーは将来的には、ユーザー自身が店舗から好きなコンテンツを選ぶことを出来るようにするとしている。
 同時にこのシステムでは、複数のコンテンツを共通に管理するICカード「NESiCA(ネシカ)」とも連動する。「NESiCA」を利用することで、ネットワークコンテンツならではの様々な付加価値を提供する。アーネードゲーム向けの新世代ICカードは、セガが「Aime」を発表するほかバンダイナムコゲームスも導入を明らかにしている。また、セガとバンダイナムコゲームスは互いのカードのド相互乗り入れを明らかにしている。
 今回のタイトーの「NESiCA×Live」も含めて、アミューズメント施設に一気に新しいビジネスの波が押し寄せる。そのなかで各社のイニシアチィブ争いが激化することになりそうだ。

 タイトーは「NESiCA×Live」対応の新作第1弾として、新作ゲーム『BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT Ⅱ』を2010年12月に導入する予定だ。
 同作は人気2D格闘アクション「BLAZBLUE」シリーズの最新作となる。2D格闘ゲームでは初の本格的なカードシステムに対応を実現する。また、「NESiCA×Live」を利用することで、新キャラクターや新ストーリーが追加されて行く。アーケードシーンに新たな風を吹き込む意欲作として、タイトーは力を入れる。

タイトー http://www.taito.co.jp/
NESiCA×Live 公式サイト http://nesica.net/
BLAZBLUE 公式サイト http://blazblue.jp/

[コンテンツ ダウンロード システム]
発売時期 : 2010年12月予定

[BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT Ⅱ]
ジャンル :  2D対戦格闘アクション
プレイ人数 :  1~2人
発売時期 :  2010年12月予定