岡山でメディア芸術祭 「TOUCH & SEE」がテーマに

 文化庁メディア芸術祭は、2002年より国内外で開催している企画巡回展として10月30日から11月7日まで「文化庁メディア芸術祭 岡山展」を開催すると発表した。岡山市デジタルミュージアムを舞台に8日間、日本のメディア芸術の最も新しいトレンドを紹介する。
 また企画展ごとに設けられるテーマは、「TOUCH & SEE 触ってみよう!見てみよう!」に決まった。近年のメディア芸術祭の受賞作品を中心に、触ることで変化し反応が起こるインタラクティブアートを中心に展示する。また上映企画では、手描き、クレイ、パペットなどのアニメーションの上映を行う。このほか会期中はアーティストによるプレゼンテーションや講演、ワークショップなど多彩な活動を行う。

 文化庁メディア芸術祭は、アートとエンタテインメント、アニメーション、マンガなどの4分野から優れた作品を広く紹介することを目的に行なわれている。1997年より顕彰事業を開始、あわせて受賞作品展を開催する。
 受賞作品展が東京でのみの開催であったことから、2002年からはより広くその成果を国内外に伝えるべく海外展、国内の地方展を開くようになっている。今回の岡山展もそのひとつである。今年は、このほかに海外はトルコ・イスタンブール、国内は京都で企画展を行っている。
 また、岡山展ではOkayama Media Arts Festival 2010(OMAF2010)も同時開催し、県内の学生や教育者を中心に「岡山におけるメディア芸術の今」の発信を行なう。地方開催ならではの企画となる。

 岡山展の特徴は「TOUCH & SEE」のテーマもあり、特にインタラクティブアートが集められたことだ。展示スペースには15組のアーティストの作品が並ぶ。
 アニメーションの上映は、『サマーウォーズ』と『東京マグニチュード8.0』、短編アニメーションセレクションとなる。さらにクワクボリョウタさんのワークショップ「闇鍋サウンドボックスを作ろう」、クレイアニメーションの中田秀人監督による『電信柱エレミの恋』の講演会と上映会も予定されている。

文化庁メディア芸術祭 岡山展
Japan Media Arts Festival in OKAYAMA

http://plaza.bunka.go.jp/okayama/

会期: 10月30日(土)~ 11月7日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで)※会期中無休
会場: 岡山市デジタルミュージアム
観覧料: 無料
主催: 文化庁
共催: 第25回国民文化祭岡山県実行委員会、岡山市デジタルミュー ジアム、CG-ARTS協会