美少女キャラ38人デビュープロジェクト 旭プロが発表

 東京・練馬に拠点を持つアニメ製作会社旭プロダクションは、38人もの美少女キャラを描き下ろしし、そのキャラクターをアイドルとして多方面に展開する。このプロジェクト「AGC 38 ~Asahi Girls Collection 38~」が、9月1日に発表された。旭プロダクションはキャラクターたちをタレントとして位置づけて、アニメキャラの枠を取り払って売り込む。
 プロジェクトは旭プロダクションが2012年に開業40周年を迎えることに合わせたものだ。40周年のプレイベントである。10月1日より公式サイトにて、毎週5人ずつキャラクターを発表する。メインターゲットは10代後半から30代までの男性と定めている。
 9月1日にプレサイトがスタートし、10月1日に正式サイトとしてオープンする。また、10月29日には携帯サイトもオープンする予定だ。

 旭プロダクションはキャラクターをテレビ番組やコマーシャルへ出演、企業やイベントのイメージキャラクターなどとして売り込む。また、他社とのコラボレーションによるステージイベントも視野に入れる。アニメ作品を軸にするのでなく、バーチャルアイドルとなる。これまでにない独自のキャラクタービジネスが目指す。
 10月のプロジェクト正式スタートに先立って、9月11日にはこのキャラクターの公開オーディションを東京アニメセンターで行う。この様子はustreamを利用して、インターネットで生中継する。
 また、ユニークな取り組みは、二次創作でも見られる。同社は非営利無償利用の範囲でAGC 38のキャラクターの二次創作を公式に認める。公序良俗に反しない、同社基準のライセンスに沿っての条件はあるが、積極的な二次創作の創出で人気を盛り上げる狙いだ。

 旭プロダクションは1973年にアニメ制作の撮影会社として設立された。90年代後半以降デジタル制作をスタートし、近年は様々分野に積極的に事業展開している。
 2009年以降には宮城県と伴に、地域振興を目的としてプロジェクトも進めている。宮城県のイメージキャラクター「むすび丸」を地元のスタジオでアニメ制作している。また、10月行われるエンタテイメント見本市TIFFCOMでは、企画マーケットTPG(Tokyo Project Gathering)にて長編アニメ『時に、僕等は…』の企画をプレゼンテーションする。旭プロダクションの事業展開は、今後も注目だ。

「AGC 38 ~Asahi Girls Collection 38~」 公式サイト http://agc38.com
旭プロダクション http://www.asahi-pro.co.jp/