コンテンツの祭典「CrIS関西」来年2月まで長期開催

 今年もCrIS関西(クリエイティブ・インダストリー・ショーケース in 関西)2010が始まった。8月25日から28日まで開催された「なら国際映画祭2010」がその皮切りとなる。
 2007年から開始されたCrIS関西は、コ・フェスタ(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)の公式イベントとして関西地区を担う複合イベントである。年を追うごとに拡大し、今回も大阪、神戸、京都、奈良、滋賀、和歌山の2府4県での開催となっている。また来年の2月まで、長期に渡って開催されるのも特徴だ。

 例年、映像やアニメーションなどに関するものも数多く含まれている。昨年、京都で初開催されて話題となったKYOTO CMEX(京都クロスメディアエクスペリエンス)も「KYOTO CMEX 2010」として9月25日から12月12日まで予定されている。
 このほか10月23日と24日が「ゆるキャラまつり in 彦根~キグるミさみっと2010~」、11月2日が「BACA-JA2010 受賞作発表・上映会」、11月5日から7日が「田辺・弁慶映画祭2010」、11月20日と21日が「Japan Pop Culture Festival 2010」、11月20日から26日が「第30回『地方の時代』映像祭2010~地域からこの国を問う~」、11月27日が「第6回学生国際ショートムービー映画祭 in 関空」、11月28日が「第15回アニメーション神戸」といった感じだ。

 一方、コンテンツ関連に携わる個人から企業までをサポートするクリエイティブビジネスフェアは、大阪創造取引所2010と名を変えた。現在出店者とバイヤーを9月10日まで募集している。こちらの開催日程は10月26日と27日になっている。
【真狩祐志】

クリス関西 http://criskansai.jp/