「京まふ2022」9月17日~18日に開催決定! 日本唯一のアニメ×異業種コラボ表彰イベント「アニものづくりアワード」も共催

西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典「京都国際マンガ・アニメフェア2022(略称:京まふ)」が、2022年9月17日~18日にみやこめっせ(京都市勧業館)ほかにて開催決定。あわせて、日本唯一のアニメ×異業種コラボ表彰イベント「アニものづくりアワード2022」の開催、5月16日からのエントリー受付開始、あわせて「京まふ2022」内で授賞式が行われることとなった。

「京まふ」は、京都を中心とした関西圏におけるコンテンツ産業の市場拡大を目的に2012年からスタートしたマンガ・アニメ・ゲームイベントだ。
第11回目となる今回は、グッズ販売や作品展示を行う出展ブース、多くの声優が登壇するステージ、「京まふ2022」のために製作されたオフィシャルグッズの販売、コスプレエリア、マンガ・アニメ作品とのコラボ企画など、新たな10年の幕開けを充実した内容で盛り上げる。

「京都アニものづくりアワード2022」
一方の「アニものづくりアワード」は、劇場版アニメやTVアニメのヒットが続き、一般企業とアニメ・マンガ・キャラクターをマーケティングに活用するコラボ事例が増えている近年、アニメ業界と企業とをつなぐ懸け橋となり、優れた取り組みを顕彰するアワードとして2017年にスタートした。
昨年に引き続き、今年度も「京まふ」内での共催するが決定。選考委員には委員長の夏野剛をはじめ、アニメ、キャラクター、ゲーム、広告領域に造詣が深い関係者が就任し、「アニメCM部門」「コラボ部門」「クラフトデザイン部門」「インターナショナル部門」「地方創生部門」など7部門で選考を行う。

「京まふ2022」は、9月17日~18日にみやこめっせほかにて開催。4月27日~5月31日の期間で出展申込受付中。
「アニものづくりアワード2022」は、5月16日~6月30日にエントリーを受け付し、「京まふ2022」会場内にて授賞イベント開催予定。
各詳細は公式サイトまで。

[CHiRO★]