スタジオコロリド&Netflixが新作映画の共同制作 「泣き猫」柴山智隆監督の新作も

スタジオコロリドとNetflixが、2022年9月16日よりNetflixおよび劇場にて公開予定の『雨を告げる漂流団地』を含む合計3作品の新作長編アニメ映画を共同制作し、それらの作品を全世界独占配信することが明らかになった。

Netflixにとって、日本国内の長編アニメーションスタジオとの複数年間に渡る取り組みはこれが初めて。また新たに、Netflix映画『泣きたい私は猫をかぶる』の柴山智隆監督が手掛ける新作映画を、2024年にNetflixにて全世界独占配信することも決定した。

スタジオコロリドは、長編アニメ映画第1弾として2018年に公開した『ペンギン・ハイウェイ』が、カナダ・モントリオールのファンタジア国際映画祭にて最優秀アニメーション賞にあたる今敏賞の長編部門を受賞した実績を持つ。長編アニメ映画第2弾にあたる『泣きたい私は猫をかぶる』は、2020年のNetflixでの配信後、瞬く間に国内外の視聴者に届き、配信後1か月で30の国や地域で「TOP10(映画)」に入るほど愛される作品となった。

2024年公開予定の柴山監督による新作映画は、スタジオコロリドが制作する3作目のNetflix映画となる。
新作映画に関して、柴山監督は「現在企画中の新作は、ひと冬の、ちょっと不思議な恋愛譚です。日常の中にふと訪れる非日常、そして登場人物の心の成長を丁寧に描き、少年少女の応援歌となるような作品をお届けしたいと思っています。ぜひお楽しみに」と述べる。

柴山智隆監督による新作映画(2024年公開予定)イメージボード

同作の開発には、Netflixアニメ・クリエイターズ・ベースに所属するデザイナーも協力中とのことで、続報を楽しみに待ちたい。

<以下、コメント全文掲載>

【株式会社スタジオコロリド代表取締役 山本 幸治】

僕たちの目標は、コロリドらしい映画を作ることです。その目標に向かって僕たちなりに努力し前進してきました。

これまで日本の映画は世界に出られないことが多かったけれど、Netflix映画という形で世界に発信することが可能になりました。Netflixが世界中のユーザーと日本の映画をつないでくれるのです。

この先の10年も、自信を持ってコロリドらしいオリジナル映画を作り続けたい。創業から10年を迎えたこの節目をひとつのきっかけに、僕たちはNetflixとの取り組みを通して、そんな”コロリドらしい映画”を世界中に届けていきます。

【Netflix コンテンツ部門 バイス・プレジデント 坂本 和隆】

日本の長編アニメーション映画の歴史は深く、国内外で何世代にもわたって愛され続けています。『泣きたい私は猫をかぶる』をNetflixで公開後、世界中の視聴者がその独創的なストーリーと高品質なアニメーションに魅了されました。『雨を告げる漂流団地』に続き、2024年以降も新作映画を一緒に開発し、世界中の視聴者へお届けできることを楽しみにしております。Netflixは、引き続き他に類を見ない長編映画ラインナップの充実を目指し、日本国内のアニメーション制作スタジオとの継続的な協業を行ってまいります。

[仲瀬 コウタロウ]

Netflix:https://www.netflix.com/jp/
スタジオコロリド:https://colorido.co.jp/