東映アニメーション、短期集中・実践型アニメーター養成プログラムを設立 2023年4月開講へ向けて受講生募集開始

東映アニメーションが、第一線で活躍するトップアニメーターの指導を受けられる短期集中・実践型アニメーター養成プログラム「東映アニメーション作画アカデミー」を設立。2023年4月開講に向けて、受講生の募集を開始した。

東映アニメーションは、1956年の創立以来『ドラゴンボール』『ワンピース』『プリキュア』など数々のアニメシリーズを手掛け、60年以上にわたってアニメーターをはじめとする多くの人材を育成・輩出してきたアニメ制作会社だ。

1995年~2011年に設置していた人材育成機関「東映アニメーション研究所」では、広くアニメーション業界における技術の継承を行し、近年では新卒採用によりアニメーターを社内で養成してきたが、昨今の世界的なアニメーション市場の急速な拡大、よりハイクオリティな作品の隆盛などの影響により、アニメーターへのニーズは質・量ともに高まり続けて人材確保が年々難しくなっていることを理由に、短期集中で実践的に学ぶ養成プログラムとして「東映アニメーション作画アカデミー」を設立したという。


同プログラムでは、東映アニメーションのアニメーション作画のノウハウに加え、社外のトップアニメーターの技術を融合し、即戦力となるアニメ―ターを養成。
そして研修および審査を経た合格者には、東映アニメーションの契約社員アニメーターとして入社するキャリアパスも用意される。

「東映アニメーション作画アカデミー」実習期間は2023年4月~2024年3月の1年間を予定。詳細は公式ページまで。

<以下、コメント全文掲載>

 

「東映アニメーション作画アカデミー」所長・東映アニメーション執行役員 梅澤淳稔


「自分の描いた絵が動いた!」これがアニメーターの最初の大きな喜びです。

そして、 その絵が自分の手を離れ、 大勢のスタッフの力と技と熱意が注がれて、 絵に色彩が加わり、 背景美術の舞台の上で、 音楽に乗り、 セリフを語るひとりのキャラクターとして視聴者に届きます。
その視聴者が喜んでくれた瞬間が、 アニメーションに携わるすべての人々の感動の瞬間です。

アニメーターはキャラクターの絵を描くだけではありません。 感情を表情と仕草で発出する役者でなければならず、 レンズや露出、 照明を選択する撮影技師でなければならず、 画面構成を司る演出家でなければなりません。
それに加えて、 昨今の日本のアニメーション業界は、 【よりハイクオリティ】で、 【より動かせる】ことが出来るアニメーターが求められています。

東映アニメーションでは、 そんなアニメーターを養成するべく、 「東映アニメーション作画アカデミー」を設立しました。
このアカデミーでは、 よりよい環境の中で、 学費負担や生活面のサポートを受けつつ、 現役アニメーターによる徹底した実践指導により、 確実な技術を身につけた力強いアニメーターを養成します。

そして、 【自分の描いた絵】が、 【よりハイクオリティ】で、 【より動かせる】作品となるために、 我々の仲間として、 視聴者に届けるスタッフの一員として活躍してくれることを願っています。

我々と一緒に力と技と熱意を注ぎ、 感動を分かち合いましょう!

ご応募、 心からお待ちしております。

「東映アニメーション作画アカデミー」公式ページ
https://www.toei-anim.co.jp/academy/

(C)東映アニメーション
[CHiRO★]