「Sonny Boy」が“2022年 アヌシー国際アニメーション映画祭”テレビ部門コンペティションにノミネート 日本作品では唯一

2021年夏クールに放送されたオリジナルTVアニメ『Sonny Boy』の第1話「夏の果ての島」が、「2022年 アヌシー国際アニメーション映画祭」テレビ部門コンペティション作品にノミネート。日本作品では、唯一のノミネートとなった。

『Sonny Boy』は、『ワンパンマン』の夏目真悟が監督・脚本、マッドハウスがアニメーション制作、江口寿史がキャラクター原案、銀杏BOYZが初めてアニメ主題歌を務めた青春SF群像劇だ。
夏休みのある日、突如中学校が異次元を漂流し始め、そこに取り残されて超能力に目覚めた36人の少年少女が、理不尽に満ちた世界でサバイバル生活を送る様子を描く。

今回、「カンヌ国際映画祭」からアニメーション部門が独立して誕生した世界最大規模のアニメーション映画祭「アヌシー国際アニメーション映画祭」テレビ部門コンペティション作品にノミネート。
6月13日~6月18日(フランス現地時間)に開催が予定されているので、続報を待ちたい。