東映アニメーション株式会社、自社ネットワークへの第三者不正アクセスを報告 「ワンピース」「プリキュア」などの放送に影響

2022年3月11日、東映アニメーション株式会社が自社ネットワークに第三者による不正アクセスがあったことを発表した。

発表によると、同社のネットワークが第三社による不正アクセスを受けたことを確認したのは3月6日。この影響で社内システムの一部が停止しているという。

また、詳細は現在調査中だが、同社製作のTVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』『デリシャスパーティ・プリキュア』『デジモンゴーストゲーム』『ワンピース』の放映スケジュールに影響を及ぼすことが判明し、公式サイトにて「毎週、心待ちにされているファンの皆様に、ご心配をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪のコメントを掲載している。

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』は、第73話「炎の中の希望」の放送を延期。3月12日には「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ベストセレクション」として第31話「父と子の戦い」を放送する。

3月13日放送の『デリシャスパーティ プリキュア』では、第6話の放送は延期し「おさらいセレクション」として第4話を放送。

TVアニメ『ワンピース』と『デジモンゴーストゲーム』は、3月13日は「名古屋ウィメンズマラソン2022」のため放送はお休み。“3月20日以降の放送予定”については、各公式SNSなどで改めてお知らせすると発表した。

「東映アニメーション株式会社」公式サイト
https://corp.toei-anim.co.jp/

[CHiRO★]