「劇場版 呪術廻戦 0」世界で“領域展開”  クランチロールがアメリカ・フランス・ドイツなど各国での公開を発表

クランチロールが、映画『劇場版 呪術廻戦 0』の世界展開を発表した。

『呪術廻戦』の原作は、集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の芥見下々による同名コミック。
2018年3月から連載が開始され、人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓う呪術師との闘いを描き、TVアニメ『呪術廻戦』第1クールは「クランチロール・アニメアワード2021」で10部門にノミネートされて“アニメ・オブ・ザ・イヤー”を含む3部門を受賞、第2クールは「クランチロール・アニメアワード2022」で16部門にノミネートされ“ベスト・アクション”含む6部門に輝いた。

今回、クランチロールが海外展開を発表したのは、『呪術廻戦』の前日譚にあたる『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』(通称“0巻”)を描いた、本作初の映画化作品『劇場版 呪術廻戦 0』だ。
フランス・ベルギー・ルクセンブルグでは3月16日、アメリカ・カナダ・イギリスでは3月18日、ドイツ・オーストリア・スイスでは3月29日からの公開を予定。また、フィンランド・アイルランド・オランダ・スウェーデン・オーストラリア・ニュージーランド・アフリカ(フランス語圏)・中南米での順次公開も予定している。

なおクランチロールは、Adult Swimとのオリジナルアニメ『Shenmue the Animation』の世界配信(日本と中国を除く)を開始した。

(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会(C)芥見下々/集英社

 

[CHiRO★]