ツインエンジン、新たなアニメーションスタジオ2社を設立 グローバル展開を視野に入れた制作ライン強化のため

アニメーションの企画・プロダクションを行う株式会社ツインエンジンが、グローバル展開を視野に入れた制作ライン強化のため、新たに株式会社バグフィルムと株式会社スクーターフィルムズの2社を設立した。

ツインエンジンは、フジテレビ“ノイタミナ”枠を長年率いた山本幸治が2014年に設立。スタジオコロリドやジェノスタジオをはじめ、複数のアニメーションスタジオ・クリエイティブユニットをグループに持ち、“世界中の「とあるひとり」の人生を変える、最高のエンターテイメントを創り出す”を理念に、作品づくりに邁進している。

今回、バグフィルムとスクーターフィルムズの2社設立とあわせて、両社の代表取締役よりコメントも到着した。

<以下、コメント全文掲載>


株式会社バグフィルム 代表取締役・児島宏明


「見てくれた人にとって価値のあるもの」を作りたいという想いから、「バグフィルム」を立ち上げました。
日々、世界中で数えきれない映像作品が生まれている中で、決して流行に流されず、常に新しい表現に挑戦していきたいと考えております。

株式会社スクーターフィルムズ 代表取締役・原田拓朗


スクーターフィルムズは、デジタル作画によるフットワークの軽いアニメーション制作を強みに、国内外の企画プロデュース・制作需要に即応できるスタジオ、というコンセプトで設立しました。社名の「スクーター(SCOOTER)」は、「軽快」かつ「俊足」という、スタジオの特徴をイメージしたものです。「SCOOT」には「駆け出す」「早く走る」の意味もあります。

設立にあたり、株式会社DMM.futureworksより、同社のアニメ制作部門(ダブトゥーンスタジオ)の譲渡をうけ、同スタジオがこれまで培ってきた優れた制作ノウハウとチームを継承しました。これにより、設立と同時にフルスロットルで制作を行える体制が整っております。今後は、ツインエンジンのグループスタジオの一つとして、国内外の優秀なクリエイターとの連携を重視し、オリジナル企画の開発と海外展開にいっそう注力してまいります。

[CHiRO★]