「東京アニメアワードフェスティバル2022」新たな施策“TAAFオンライン”を実施 鈴木敏夫トークショーの期間限定配信など

国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2022(以下:TAAF2022)」が、2022年3月11日~3月14日の4日間に池袋にて開催される。今回、どんな状況下でも世界中のクリエイターをつなげていく施策として、新たに「TAAFオンライン」を実施することが決定した。

2022年で9回目の開催となる「TAAF」は、2002年に「東京国際アニメフェア」の一環として行われた「東京アニメアワード」を独立・発展させた独立・発展させた国際アニメーション映画祭だ。

「次世代のアニメーション制作を担う人材の発掘・育成等を行い、東京のアニメーション文化と産業の発展・振興を図ること」及び「東京の魅力を発信し、東京の観光振興に資すること」を目的として運営。そして、“東京がアニメーションのハブになる”を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションファンとの交流を図ること、クリエイターや観客に刺激と感動を提供すること、そしてその感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信することを目指している。

今回、新たな施策「TAAFオンライン」の実施が発表。あわせて、フェスティバルディレクター・竹内孝次からのコメントと開催概要も公開された。

「TAAF2022」は、2022年3月11日~3月14日に東京・池袋にて開催。
詳細は公式サイトまで。
「東京アニメアワードフェスティバル」公式サイト
https://animefestival.jp/ja/

<以下、コメント全文掲載>

フェスティバルディレクター・竹内孝次


映画祭の使命のひとつに、人と人を結びつけることがあると思います。ですから、東京アニメアワードフェスティバル2022では、積極的にオンラインを用い、場所という制約を取り払い、更にプログラムをオンデマンド化することで時間の制約から解き放ち、作品と人、そして人と人とが、どのような状況にあっても繋がれるようにしたい、と考えました。もちろん私たちの目標は、2022年3月に池袋で、海外のクリエイター、日本のクリエイターやファンのみなさんの直の交流を実現することです。その実現を願いながら、TAAF2022ではオンラインでしか出来ない、オンラインだからお楽しみいただけるような企画を揃えてまいります。

■TAAFオンライン 概要
1.コンペティション部門
前年度の受賞者のインタビュー映像配信
配信期間:8月13日(金)~

◇インタビュー
・長編 グランプリ 『 ジョセップ 』 のオーレル監督
・長編 優秀賞 『 ナウエルと魔法の本 』 の ヘルマン ・ アクーニャ監督
・短編 グランプリ 『 棺 』 の ユアンチン ・ チン監督 、 ミコワイ ・ ヤニウ監督
・短編 優秀賞 『 ショームの大冒険 』 のジュリアン ・ ビサロ監督
・短編 豊島区長賞 『 ランマニア 』 のダリア ・ ストルベツォワ監督
・短編 学生賞 『 The Balloon Catcher 』 の金子勲矩監督

2.アニメ功労部門
(1)TAAF2021の1プログラムとして配信した「マンガからアニメーションへ~名作劇場を創った人々~」をオンデマンドで 期間限定再配信
配信期間:8月2日(月)正午~31日(火)23:59

(2)TAAF2021の1プログラムとして実施した「風の谷のナウシカ」の鈴木敏夫さんのトークショーを期間限定オンデマンド配信
配信期間:8月2日(月)正午~31日(火)23:59

(3)TAAF2020、2021功労部門顕彰者で(1)にご出演されていない方々のインタビューを配信予定。
配信期間:11月中旬~予定

3.アニメ オブ ザ イヤー部門
前年度の受賞作&受賞者のインタビュー映像によるAOYフォローアップ番組を配信
配信期間:10月上旬予定~ ※予定
◇インタビュー
・「映像研には手を出すな!」(作品賞・ TV シリーズ部門)
・「アイドリッシュセブン」(アニメファン賞)
・梶浦由記(個人賞・音響・パフォーマンス部門)
※視聴者プレゼントあり

4.クリエイターズサロン
生配信トークイベントとして、優秀な日本の学生作品とTAAF2021の短編コンペ部門にノミネートした海外の作品をオンラインで上映いたします。また、上映する日本の学生作品の制作者の方と、日本のアニメ業界の第一線で活躍する方にご参加いただき、それぞれの上映作品についてのトークを実施予定です。
生配信日:9月17日(金)18:00~19:30 ※予定
※生配信後アーカイブ化予定
◇上映作品:
<グループ A>
・The Balloon Catcher 0 06 10 多摩美術大学/ TAAF 2021 学生賞
・棺/ 0 05 23 フランス ・ ゴブラン/ TAAF 2021 グランプリ
<グループB>
・どっか行ったハカマツカ君/ 0 04 50 東京造形大学
・ローラースケート売っちゃったの 0 06 00 フランス ・ ゴブラン
<グループC>
・調整中
・調整中
◇登壇者: MC :竹内孝次 TAAF フェスティバルディレクター
ゲスト:
● A~C グループの各日本作品の制作者 計 3 名 ))=調整中
●西岡純一 株式会社スタジオジブリ 広報 ・ 学芸担当スーパーバイザー
※上映作品・登壇者は変更の可能性がございます。ご了承ください。詳細は公式HPをご確認ください。

[CHiRO★]