ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」アジア・欧米でも発売決定 セガが販売担当し、海外に向けて展開

株式会社セガが、TVアニメ『鬼滅の刃』を原作とする家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』のアジア・欧米での発売を決定した。

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』は、製作および日本国内の発売を株式会社アニプレックス、開発を株式会社サイバーコネクトツーが担当したアクションゲーム。
本作品において、セガはアジア地域(台湾・香港・韓国・東南アジア諸国)と北米及びヨーロッパ地域(アメリカ・カナダ・イギリス・フランスなど)における発売を担当し、アジア地域では10月14日(Steam版のみ10月16日)、北米及びヨーロッパ地域では10月15日にそれぞれ発売する。

セガでは日本の開発スタジオによる自社IPや国産コンテンツの積極的な海外展開、これを支える販売網の拡充に努めており、今回の取り組みはこの一環として行うもの。
国内のみならず、全世界で大きな話題となっているTVアニメ『鬼滅の刃」を原作とする家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』の海外に向けた展開の一翼を担う。

【アジア・欧米版の製品概要】
タイトル名: 鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚
対応機種 : PlayStation(R)4、 PlayStation(R)5、 Steam、 Xbox One、 Xbox Series X|S
発売時期 :
アジア版 2021年10月14日(木)※Steam版は2021年10月16日発売
欧米版  2021年10月15日(金)
ジャンル : 鬼殺対戦アクション
プレイ人数: 1~2人(オンライン対応)
製作   : 株式会社アニプレックス
開発   : 株式会社サイバーコネクトツー
発売   : 株式会社セガ


(C)Koyoharu Gotoge / SHUEISHA, Aniplex, ufotable
(C)DEMON SLAYER KIMETSU NO YAIBA THE HINOKAMI CHRONICLES COMMITTEE
[CHiRO★]