「ガンダム」を活用したサステナブルプロジェクト「GUDA」始動 人口問題・地球環境問題などに対応する発想や技術も募集

株式会社バンダイナムコエンターテインメントが、『ガンダム』を活用したサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION (略称:GUDA)」を始動。人口問題・地球環境問題などのさまざまな社会的課題に対応する新しい発想や技術を募集する「ガンダムオープンイノベーション」を実施することを発表した。

『ガンダム』という作品は、1979年に放送開始された『機動戦士ガンダム』から40年以上に渡り、さまざまなシリーズ作品を通じて増加する人口や悪化していく地球環境に対して警鐘を鳴らし、人類の革新を促してきた。
その象徴の一つが、人類の宇宙への移民の開始と共に幕を開ける“宇宙世紀”という新しい歴の概念だった。
広大な宇宙に対し、人類が一個人ではなく一つの種として対峙していくことも『ガンダム』シリーズの根底にあるテーマである。

バンダイナムコグループでは、『ガンダム』における人口問題や地球環境問題のメッセージは、これからの人類にとって価値のあるものと捉え、宇宙世紀を教訓として『ガンダム』を旗印により良い世界を目指し、世界中のファンや外部パートナーと手を組み、未来の子どもたちのためにさまざまなアクションを実行していくとしている。

「GUDA」第1弾として、 2021年4月よりバンダイナムコホールディングス、BANDAI SPIRITS、バンダイナムコアミューズメント、バンダイロジパルの4社による共同プロジェクト「ガンプラリサイクルプロジェクト」をスタート。
「ガンプラ」を組み立て終わったあとに残るランナーを回収し、最先端技術ケミカルリサイクルによって新たなプラモデル製品へと生まれ変わらせることを目指し、ファンとバンダイナムコグループが一体となって、持続可能な社会の実現を目指していくものだ。

また、2018年・2019年に従来のビジネスモデルや常識にこだわることなく、次のステージに向けたCHANGEにつながる事業アイデアを募集した「バンダイナムコアクセラレーター」が、装いも新たに「GUDA」第2弾として「ガンダムオープンイノベーション」を実施。『ガンダム』の世界同様に、我々が向き合っていくべき課題である人口問題、環境問題、宇宙進出などの未来社会につながるサステナブルなテーマ/領域において、革新的なアイデアや技術などを幅広く募集する。
詳細は「ガンダムオープンイノベーション」公式サイトまで。

[CHiRO★]

「ガンダムオープンイノベーション」公式サイト
https://www.bandainamco.co.jp/guda/goi/

(C)創通・サンライズ