AI技術によるマンガの自動着色サービス「Petalica Paint for Manga」法人向けに試験提供開始 ピクシブとPFNが共同運営

ピクシブ株式会社と株式会社Preferred Networksが、AI技術によるマンガの自動着色サービス「Petalica Paint for Manga(ペタリカ・ペイント・フォー・マンガ)」を2021年5月28日より法人向けに試験提供を開始した。

ピクシブとPFNは、2019年11月より創作活動を楽しくする新サービスの開発を目的に、イラスト自動着色分野で業務提携し、AI技術のひとつである深層学習(ディープラーニング)を用いた線画自動着色サービス「Petalica Paint」の共同運営を行ってきた。

現在、海外の新たなマンガ文化ではカラーマンガがスタンダードであり、デジタル化とともに、カラーリング市況が活発化している。
日本のマンガ産業においても、国際化と海外展開の本格化が始まっているが、カラーリング作業に求められる専門スキルの高さや、カラーリング費用などが課題だ。

「Petalica Paint」の新モデルとして開発されたAI技術によるマンガの自動着色サービス「Petalica Paint for Manga」は、色のついたキャラクター画像を参考に、自動でモノクロの原稿上のキャラクターの着色が可能。自動着色後には「髪・服・肌・目・背景」などの要素をレイヤー分けし、業界標準である「Adobe Photoshop画像形式データ(PSD)」として書き出しする機能が搭載されている。


本サービスを利用することで、手作業での着色と比べて50%以上の作業時間短縮(※ピクシブ自社商品比較)ができる上、作業品質の均一化が促進されるため、クリエイターは作品の品質を上げる作業に集中して取り組めるようになる。
また将来的には、正式版のリリースを経た後、培った技術を生かし、個人ユーザー向けの提供も目指すという。

ピクシブとPFNは、日本のマンガ産業の発展に向け、日本で作られたマンガを地域・言語を超えて展開する環境の実現を目指すとしている。

[CHiRO★]