劇場版「鬼滅の刃」無限列車編、全世界総興行収入が517億円を記録 累計来場者は約4135万人に

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の全世界総興行収入が517億円を記録。あわせて、全世界累計来場者約は4135万人に到達した。

『鬼滅の刃』の原作は、吾峠呼世晴が「週刊 少年ジャンプ」にて連載し、原作単行本1巻~23巻で累計発行部数が1億5000万部を突破する同名コミック。2019年4月より放送されたTVアニメは、国内のみならず、全世界で大きな話題を呼んだ。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、2020年10月16日より日本国内で公開。その後、海外でも『鬼滅の刃』の熱は高まり、今日までにアメリカ、台湾、香港、オーストラリア、中南米など45の国と地域で上映が行われ、日本を含めた全世界での累計来場者数は約4135万人、総興行収入は約517億円を記録する大ヒットに。

中でも、日本国内では、累計来場者数2,896万6,806人、興行収入400億1694万2050円を記録。4月23日に4DX・IMAXを含む約1,600館で公開となったアメリカでは、5月21日までに累計推定来場者数約351万人、興行収入43,956,487ドル(約47.8億円)を記録している。

今後は英国、アイルランド、オランダ、トルコ等での公開も予定されており、『鬼滅の刃』がどこまで記録を伸ばしていくのか注目が集まる。

※興行成績が確認できている海外の国と地域:
台湾、香港、マカオ、シンガポール、フィリピン、ベトナム、インドネシア、タイ、ラオス、カンボジア、マレーシア、ブルネイ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、フィンランド、スペイン、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、コロンビア、アルゼンチン、ブラジル、プエルトリコ、トリニダード・トバゴ、ドミニカ共和国、アメリカ、カナダ、アイスランド、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、オマーン、エジプト、クウェート、バーレーン、イラク、フランス、ルクセンブルク、ロシア、デンマーク

『鬼滅の刃』アニメ公式サイト
https://kimetsu.com


[CHiRO★]
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable