「ピッコマ」運営のカカオジャパンへ約600億円投資  日本国内におけるコンテンツ企業への投資としては最大規模

電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」を運営する株式会社カカオジャパンへ、グローバル投資会社が約600億円を投資した。

株式会社カカオジャパンは、Anchor Equity Partners (Asia) Limitedを割当予定先として、第三者割当による新株式の発行により資金調達を実施することを決定。
これによりAnchor Equity Partners (Asia) Limitedは合計約600億円を出資することになり、この額は2021年の日本国内におけるコンテンツ企業への投資としては最大規模に。
なお、調達完了予定の2021年6月末時点における、当社の企業価値は8,000億円を超える評価となる。

「ピッコマ」は、話題のマンガやノベル作品を、毎日待つだけで1作品につき1話を無料で読むことができる電子マンガ・ノベルサービスだ。
アプリ版「ピッコマ」のダウンロード数は累計2,700万に達し、2020年7月以降、国内のマンガアプリサービスにおける、App Store(ブックカテゴリ)とGoogle Play(コミックカテゴリ)の合計で、セールス1位を獲得。同時に、グローバルでもセールス1位となっており、「ピッコマ」が世界1位のマンガアプリとなった。
今回調達する資金は、グローバル展開も視野に入れた「ピッコマ」のさらなる事業拡大、また事業ポートフォリオ拡充を目的としたコンテンツ事業への投資等へ充てるという。

「カカオジャパン」公式サイト
https://www.kakao.co.jp/

[CHiRO★]