「京まふ2021」記念すべき10回目!西日本最大級のマンガ・アニメイベントが9月開催

西日本最大級のマンガ・アニメイベント「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2021」が、9月18日・19日にみやこめっせ(京都市勧業館)ほかで開催されることがわかった。
今年で記念すべき10回目の開催となり、出展ブースや人気声優のステージ、グッズ、人気マンガ・アニメ作品とのコラボ企画といった、アニバーサリーにふさわしい盛りだくさんの内容を展開する。

「京まふ」こと「京都国際マンガ・アニメフェア」は、京都を中心とした関西圏におけるコンテンツ産業の市場拡大を目的に2012年からスタート。西日本では数少ない、大規模なマンガ・アニメイベントだ。
出版社やテレビ局、映像メーカーなどが出展し、最新作のPRやグッズ販売、ステージイベントなどを展開しており、今年で記念すべき10回目を迎える。

「京まふ2021」のメイン会場となる「みやこめっせ」および「ロームシアター京都」では、出展ブース、ステージイベント、オフィシャルグッズ販売などの様々な企画を展開する。
また、京都ならではの体験ができる「伝統工芸体験工房」や好評のコスプレエリア、人気アニメ・マンガとコラボしたドリンクやフードが楽しめるキャラカフェなども実施される予定だ。

このほか、約30万点ものマンガやマンガ関連資料を収蔵する「京都国際マンガミュージアム」では、親子で楽しめるファミリー向けイベントや、多様な来場者が楽しめる企画を検討している。
さらに特別会場の東映太秦映画村でも、アニメのシーズンイベントのほか、ファミリー向けの体験型イベントなど、「京まふ」開催前後から楽しめるイベントが催される。

「京まふ2021」こと「京都国際マンガ・アニメフェア2021」は、9月18日・19日にみやこめっせ(京都市勧業館)や京都国際マンガミュージアムにて開催予定。各企画の詳細は後日発表される。
また作品や商品PR、グッズ販売などをしたい企業向けの出展申込は、5月31日まで受け付け中だ。

「京都国際マンガ・アニメフェア2021」
会場:みやこめっせ(メイン会場)
   ロームシアター京都(メイン会場)
   京都国際マンガミュージアム(第2会場)
   東映太秦映画村(特別会場) 京都市右京区太秦東蜂岡町10
会期:みやこめっせ(メイン会場)
   2021年9月18日(土)・19日(日) 9:00~17:00 ※19日は16:00まで
   京都国際マンガミュージアム
   2021年9月18日(土)・19日(日) 10:30~19:30
   東映太秦映画村(特別会場)
   2021年9月18日(土)・19日(日) 10:00~17:00
   ※全会場、入場は終了の30分前まで
出展申込:4月30日(金)~5月31日(月) 詳細は公式サイトをご覧ください。
入場券:7月中旬より販売開始予定
主催:京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市
共催:KYOTO CMEX 実行委員会/京都国際マンガミュージアム/
   東映太秦映画村/京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学
協力:文化庁(令和3年度文化資源活用推進事業)、
   「伝統産業の日」実行委員会

「京都国際マンガ・アニメフェア2021」公式サイト:http://kyomaf.kyoto/

[仲瀬 コウタロウ]