「新千歳空港国際アニメーション映画祭」第8回が11月に開催 今年も実地&オンラインで

「第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」の開催が決定した。北海道・新千歳空港ターミナルビルを会場とした実地とオンラインのハイブリッドで、実地では2021年11月5日から11月8日の4日間にわたり実施される。

「新千歳空港国際アニメーション映画祭」は、北海道と世界を結ぶゲートウェイにしてエンターテインメント空港としても躍進する新千歳空港を舞台に、世界中の最新アニメーション作品を一堂に集める映画祭だ。
「空港全体で発信する、空港だからできる映画祭」を目指す世界初の空港内映画祭として2014年に開幕し、2019年度には国内外から過去最多となる約43,000人の動員を記録。コロナ禍の昨年は、新しい試みとして実地とオンライン配信のハイブリッド開催を実現し、オンラインではのべ10万再生以上を数えていた。

8回目の開催となる今年も、昨年に引き続き新千歳空港ターミナルビル会場での実地開催に加えてオンライン配信も行う。実地とオンラインのハイブリッド開催により、アニメーションの「今」に触れるエキサイティングな体験を届けていく。
空港会場の開催期間は2021年11月5日から11月8日までの4日間で、オンライン配信期間については、映画祭公式サイトにて後日発表される。

また映画祭のメインイベントであるコンペティション部門は、昨年に引き続き学生作品を含む短編と長編の両部門で、4月19日より募集をスタートする。短編部門では通常の短編アニメーション映画のほか、GIF、VR、モーションコミック、ギャラリーなどでの上映展示を想定したインスタレーション作品も対象となる。
詳しい応募条件およびエントリー方法についても、映画祭公式サイトにて確認を。

「第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
開催日程:空港開催:2021年11月5日(金)~11月8日(月)
オンライン開催:後日発表
会場:新千歳空港ターミナルビル(新千歳空港シアター 他)/オンライン
作品募集:
(1)短編部門
2021年4月19日(月)~2021年6月30日(水)
(2)長編部門
2021年4月19日(月)~2021年7月31日(土)
選 考:
(1)短編部門ノミネート作品発表:2021年8月末 ※予定
(2)長編部門ノミネート作品発表:2021年9月末 ※予定
本審査:会期中
授賞式:2021年11月8日(月) ※予定

[仲瀬 コウタロウ]

「第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
https://airport-anifes.jp/