高校生のためのアニメコンクール「HAC2020」表彰式を実施 初代グランプリ作品には審査員が思わず涙

高校生のためのアニメコンクール「Highschool Animetion Competition (略称:HAC2020)」の審査発表及び表彰式が、2021年3月14日に開催。初代グランプリには、東京都立総合芸術高校・八木紬の『LAST BIT OF LIFE』が輝いた。

「HAC2020」表彰式は、奥田誠治、数井浩子、森田宏幸、伊藤有壱が審査員として列席し、東京工芸大学杉並アニメーション・ミュージアムを併設する東京・杉並会館にて実施。7つの賞の審査発表と表彰を行った。

新型コロナウイルスの影響で欠席の返事が相次いだが、そのような状況下ながら予想以上に出席の生徒も多く、表彰式のあとの審査員たちによるティーチインや参加生徒たちからの質疑応答で、時間をオーバーしての熱の入った大会に。

グランプリに輝いたのは、ストップモーションと木炭アニメーションで作られた『LAST BIT OF LIFE』。動物保護施設に入れられた犬たちの物語を描き、審査員も思わず涙したという。

なお、「HAC2020」表彰式の動画や受賞作品は、公式サイトにて公開中だ。

受賞作品は以下の通り

〇森田宏幸賞
作品「TOKA」
東京都立総合芸術高等学校一年
中村 都麦 なかむら つむぎ

〇伊藤有壱賞
作品「Nightmare」
香川県立善通寺第一高等学校一年
岡井 莞志 おかい かんじ

〇数井浩子賞
作品「紅茶の魔法」
茨城県立笠間高等学校一年
干川 未琴 ほしかわ みこと

〇奥田誠治賞
作品「月に一度の秘密のパン」
三重県立飯野高等学校三年
樋廻 里彩 ひばさみ りさ

〇特別賞
作品「彼女は45度令嬢」
東京都立総合芸術高等学校三年
熊谷 萌花 くまがい もか

〇準グランプリ
作品「犬と少年」
埼玉県立越生高等学校三年
古屋 夏実 ふるや なつみ

〇グランプリ
作品「LAST BIT OF LIFE」
東京都立総合芸術高等学校二年
八木 紬 やぎ つむぎ
 
「Highschool Animetion Competition」公式サイト
https://www.animehac.com/
 
[CHiRO★]