「GREAT PRETENDER」アニメのアカデミー賞と呼ばれる“アニー賞”にノミネート 祝福の声、続編を望む声が続々

2021年3月4日、オリジナルアニメ『GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)』が、アニメーションのアカデミー賞と呼ばれる「アニー賞」Best Direction – TV/Media部門にノミネートされた。

『GREAT PRETENDER』は、『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクターデザイン・貞本義行、『91Days』の監督・鏑木ひろ、『進撃の巨人』のアニメーション制作・WIT STUDIOに加え、ドラマ『コンフィデンスマンJP』の脚本家・古沢良太が初めてTVアニメシリーズの脚本・シリーズ構成を務めるクライム・エンターテインメント。
2020年6月よりNetflixにて先行配信、7月よりフジテレビ「+Ultra」ほかにて放送され、話題を呼んだ。


2021年3月4日、作品公式Twitterアカウントを通じて、『GREAT PRETENDER』が「アニー賞」Best Direction – TV/Media部門にノミネートされたこと発表。
これを受けて、ファンからは「おめでとうございます!受賞できますように!」「おお!おめでとうございます!続編お願いします!」「わー!すごい!!おめでとうございます!SEASON3も楽しみにしてます!」など、祝福の声、そして続編を期待する声が上がっている。

「アニー賞」公式サイト
https://annieawards.org/

『GREAT PRETENDER』公式サイト
https://www.greatpretender.jp/

『GREAT PRETENDER』公式Twitter
https://twitter.com/GrePre_anime

[CHiRO★]

(C)WIT STUDIO/Great Pretenders