コミックスマート株式会社、デジタルアニメスタジオ“Qzil.la”を設立 テクノロジーを駆使し業界の課題に挑む

マンガコンテンツ事業を手がけるコミックスマート株式会社が、アニメ制作部門を分社化し、新たにデジタルアニメスタジオとしてQzil.la株式会社(読み:クジラ)を設立した。

アニメ制作市場規模は、2019年に2,400億円突破で過去最高を更新し、アニメ需要と作品に求められるクオリティは年々高まっている。
それに伴いアニメ業界においては、制作スタジオやクリエイターなどのリソースの不足によって、制作期間が長期化。さらに、納品まで数年待ちというケースが生じるほか、ハイクオリティな作品の制作体制の構築が困難になっているなど、様々な課題を有する。

こうした課題に対し、Qzil.laでは、アナログな部分が残る制作体制の生産性をテクノロジーの力で高めてアニメ業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進。アニメーターの労働環境の改善を図りながら、ハイクオリティな作品をスピーディーに提供することを目指すという。

また、コミックスマートは、Qzil.laとの連携を通じて、コンテンツプラットフォーマーとして自社IPの複数メディア展開を推進。
IPの価値向上を目指すとともに、両社において様々なテクノロジーを活用したDX推進を図り、マンガ・アニメ業界の発展に貢献していく狙いだ。

 

■テクノロジーの力を活用して生産性を向上
アニメ制作における生産性の向上を図るための取り組みの一つとして、株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役:香田 哲朗)と、アニメ制作工程管理におけるDX化研究開発を進めております。その第一弾として、現在、制作管理工数削減を目的とした制作管理効率化ツールを開発中です。また、株式会社ラディウス・ファイブ(本社:東京都新宿区、代表取締役:漆原 大介) の技術を活用したキャラクターデザインの生成など、AI技術の活用による業務の効率化と表現の可能性の拡大を図ってまいります。

■広告ソリューションとしてのアニメ作品制作
Qzil.laでは、制作効率化により短納期で制作できる特長を活かし、通常のアニメ作品に加え、広告ソリューションとしてのアニメ作品の制作や展開も行ってまいります。
広告案件においては、セプテーニグループにおいてマーケティングの知見や広告運用経験のある担当者がフロントに立ち、広告主様とコミュニケーションを図りながらご提案してまいります。

■有名クリエイターとタッグを組みハイクオリティな作品を追求
これまで、満仲勧氏や浅野直之氏をはじめとした有名クリエイターにも参画いただきながら、アニメやスポーツブランド・モバイルゲームのプロモーションムービーの制作などを手掛けてきました。今後も有名クリエイターとタッグを組みながらハイクオリティな作品を生み出してまいります。

【Qzil.la株式会社について】
■商号   :Qzil.la株式会社(英文表記:Qzil.la, Inc.)
■所在地  :東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー
■代表者  : 代表取締役 福留 俊
■設立年月日: 2021年2月1日(営業開始日)
■資本金  : 3,000万円
■株主   : コミックスマート株式会社(100%)
■決算期  : 9月
■事業内容 : ・広告事業
        ・コミックスマートIPアニメ化事業
        ・他社IPプロデュース事業

「Qzil.la株式会社」公式サイト
http://qzil.la/

[CHiRO★]