「TAAF2021」アニメ功労部門、顕彰者に「ジブリ」鈴木敏夫や「ガンダム」富野由悠季 PVも初公開

「TAAF2021」アニメ功労部門顕彰者&代表作品一覧

国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)」において、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーや『機動戦士ガンダム』を生み出した富野由悠季監督ら8名が、「アニメ功労部門」で顕彰されることがわかった。
さらに、『君の名は。』などの予告編を手がけた映像ディレクター・依田伸隆(10GAUGE)が制作し、「功労部門」受賞者である声優・羽佐間道夫がナレーションを務めた「TAAF2021」のPVも初公開された。

TAAFの「アニメ功労部門」とは、アニメーション産業・文化の発展に大きく寄与した人物を顕彰するもの。制作現場における技術、表現、人材育成などの長年の功績をたたえるだけでなく、教育活動・国際交流など広くアニメーション産業の社会的地位の向上に貢献した人物も対象としている。

「TAAF2021」での顕彰者は鈴木プロデューサーと富野監督のほか、『ちびまる子ちゃん』の漫画家・さくらももこ、『タイムボカンシリーズ』や『ドラゴンボールZ』の脚本家・小山高生、『セロ弾きのゴーシュ』のアニメーター・才田俊次、『AKIRA』の編集者・瀬山武司、『アタックNo.1』の歌手・伊集加代、『赤毛のアン』ナレーターや『銀河英雄伝説』シェーンコップ役の声優・羽佐間道夫ら。
「TAAF2021」の会場では、8名の顕彰者の紹介展示や特別プログラムが実施される予定だ。

さらに、「TAAF2021」のPV映像も初公開に。PV映像は昨年に引き続き、『君の名は。』『おそ松さん』『天気の子』『ジョゼと虎と魚たち』など数多くのアニメーション作品の予告編を手がけている映像ディレクターの依田が制作している。


前回「TAAF2020」の各部門受賞作品を中心に、本映画祭に集まる幅広い作品が短いVTRの中に惜しみなく盛り込まれ、ナレーションは今回の「アニメ功労部門」受賞者となった声優の羽佐間が担当した。

国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)」は、2021年3月12日から3月15日までの4日間、東京・池袋にて開催予定。

<以下、コメント全文掲載>
【ナレーション・羽佐間道夫】
TAAFは、前身の「東京国際アニメフェア」時代から携わっていた、とても思い入れの深いイベントです。アニメ功労部門の賞を頂戴し、PVのナレーションも担当させていただくことになり、大変光栄に感じています。東京国際アニメフェアで声優のステージをプロデュースしていた、あの頃を思い出しながら挑ませて頂きました。お送りいただいた映像に仮で入っていたナレーション(ディレクター依田さんの声)がとても良かったので、負けないように、と力を注ぎました。
依田さんとの雑談の中から生まれたアイデアを活かして、アドリブ入りのちょっと面白いバージョンも作らせていただきました。ぜひ皆さんにこのPVを、様々な場所で見て聞いて頂けることを願っています。

【PVディレクター・依田伸隆】
大変な本年ですがTAAFが元気で何よりです!功労部門もレジェンドすぎるし!って思ってたらなんと今年はナレーションを羽佐間さんに読んででいただけるとの事!かなり緊張しながら収録に臨んだのですが、羽佐間さんはずっと冗談を言ってくださったたりして、本当に面白い収録現場でした。
羽佐間さんの声をお聞きしながら数々の名画やヒーローを思い出していたのですがその矢先、めちゃくちゃなギャグを放ってくれるという贅沢な時間。緊張はおろか仕事だという事も忘れていました。

<東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)「アニメ功労部門」顕彰者>※順不同・敬称略・代表作品紹介
プロデューサー:鈴木敏夫(千と千尋の神隠し)
原作者:さくらももこ(ちびまる子ちゃん)
脚本家:小山高生(ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ)
監督:富野由悠季(機動戦士ガンダム)
アニメーター:才田俊次(セロ弾きのゴーシュ)
編集:瀬山武司(AKIRA)
歌手:伊集加代(アタックNo.1)
声優:羽佐間道夫(銀河英雄伝説)

<東京アニメアワードフェスティバル 2021開催概要>
■日 程:2021年3月12日(金)~3月15日(月)
■会 場:東京・池袋
■主 催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会
■共 催:東京都
■事務局:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会事務局(一般社団法人日本動画協会内)

[仲瀬 コウタロウ]

公式サイト:https://animefestival.jp/ja/