「ガンプラ」などプラモデル生産の新工場「バンダイホビーセンター新館」竣工 海外市場の成長を見越し

今年40周年を迎えた「ガンプラ」をはじめとしたプラモデルを生産する新工場「バンダイホビーセンター新館」が、2020年11月30日に静岡県静岡市葵区長沼「バンダイホビーセンター」敷地内にて竣工。12月1日より稼働することで、プラモデル生産能力の強化を図るという。

ガンプラ(C)創通・サンライズ

BANDAI SPIRITSは、1969年(当時バンダイ)に静岡県清水市に工場を取得しプラスチックモデルの生産を開始した。
1980年より販売しているガンプラは2020年で40周年を迎え、これまでにリアルとSDシリーズ合わせて約4,500種類を発売。累計出荷数は2020年5月に、ガンプラリアルシリーズで5億2,580万個、SDシリーズで1億7,440万個、合計7億個を突破しており、現在は年間販売額の5割が海外となるなど、世界規模で人気が拡大している。

現在のバンダイホビーセンターが竣工した2006年度のガンプラの年間出荷数は722万個だったが、ガンプラの需要に対応すべく同工場内に多色成形機を増設するなどを行い、2019年度は3,126万個と約4.3倍に拡大。

バンダイホビーセンター新館(内観)(C)創通・サンライズ

近年では、18メートルの実物大の動くガンダムを展示する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が横浜 山下ふ頭にて12月19日にオープンを予定しているほか、上海でフリーダムガンダム立像の建設がスタート。さらに2021年開催の「ドバイ国際博覧会」の日本館アンバサダーにガンダムが任命。今後はハリウッドでのガンダム実写映画の制作も予定されており、引き続き国内外でガンプラの需要が高まると予想する中、新館を稼働することで中国および北米を中心とした更なる成長への対応と、中期的に安定した生産体制に備えていく狙いだ。

[CHiRO★]

「バンダイホビーセンター」公式サイト https://www.bandaispirits.co.jp/hobbycenter/

(C)創通・サンライズ