「池袋ハロウィンコスプレフェス」初のオンライン開催、大盛況で閉幕 世界から11万6000人が参加

コスプレイヤーの大規模ハロウィンイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス」の初となるオンライン開催「池袋ハロウィンコスプレフェス ONLINE コスプレ大感謝祭 2020」が、2020年10月31日にニコニコ生放送にて生中継。インターネットを通じて、11万6000人が参加した。

「池袋ハロウィンコスプレフェス」(以下:池ハロ)は2014年にスタートし、毎年2万人以上のコスプレイヤーが参加する日本最大級のハロウィンイベントだ。
今年は10月31日・11月1日に開催を目指していたが、新型コロナウイルスの影響により中止とし、代わりにオンラインで開催。
Hareza池袋にあるドワンゴのサテライトスタジオ「ハレスタ」と、同じく池袋のミクサライブ東京内にある「Theater Mixa」より配信し、一般参加のコスプレイヤーはZoomからオンラインで参加、ネットとリアルが融合した形でイベントを実施した。

イベントは、コスプレイヤーの”来年の顔”を決めるコンテスト「COSPLAYER OF THE YEAR 2021(以下:COTY)」の最終審査からスタート。
3度の予選を勝ち抜いた18名がグランプリ獲得を目指し、ランウェイや自身のコスプレ愛を披露する。
コンテストは、女性による女装の「スイート部門」、女性による男装の「ビター部門」、男性による男装の「チェリー部門」、男性による女装の「シャイニー部門」、男女共通の「オールジャンル部門」、そして特別部門として「#コンパス部門」の計6つに分かれて開催。
各部門のグランプリが1人ずつ決定し、さらにグランプリ6人の中から「#コンパス部門」のDakaraが「総合グランプリ」に。

COTY終了後、「池袋ハロウィンコスプレフェス ONLINE コスプレ大感謝祭 2020」のオープニングセレモニーが行われ、実行委員会各社より代表者がコスプレ姿で登場。
名誉実行委員長の高野之夫豊島区長はブラック・ジャック、実行委員長でありドワンゴの横澤大輔専務取締役は『刀剣乱舞』鳴狐、アニメイトホールディングスの阪下實社長は『NARUTO』はたけカカシ、サンシャインシティの合場直人社長は『ベルセルク』ガッツのコ衣装に身を包み、高野区長による開会宣言が行われた。

続いて、同イベントのキービジュアルに出演したコスプレイヤーのゆう、副島和樹、仮面ライアー217、はやちん、びぃと。、KANAME☆、山葵、さらに中国のコスプレイヤー・Shikaと比比も登場し、スペシャルランウェイを披露。

19時からは「宅コスだよ!全員集合!」と題した番組の同時放送を開始。ハレスタで行われた同番組では、スタジオの大型ビジョンに、自宅からZoomを活用して参加するコスプレイヤーが映し出される。
海外からの参加者も多く、インターネットを通じて世界中のコスプレイヤー達が「池ハロ」を楽しんだ。

ほかにも、コスプレをテーマにした企画が次々に展開。コスプレ界の“課題”や“これから”について業界関係者が激論する「コスプレ討論会(ICS Ikebukuro Cosplay Summit)」では、「コスプレの定義」「メディアとコスプレの関係を考える」「これからのコスプレ界はどうなっていくのか」「池袋をコスプレの聖地にするには」などのテーマでトークが繰り広げられる。
「キヤノンのカメラで撮ってみた!」では、コスプレカメラマン・ゆっkeyがキヤノンのフルサイズミラーレス一眼「EOS R5」を使いコスプレイヤー・NRK the Hedgehogと成賀 久瑠王を撮影。視聴者から撮影アングルの希望をコメントで募りながら撮影を行い、写真データは番組中に公式ツイッターから無料で配布。

エンディングでは、「ロードto池ハロ」と題して、当日に向けコスプレの指導をうけてきた成瀬ひながステージを披露する。
その後、イベントを盛り上げた出演者達がステージに集まり、全員で「コスプレ、最高ーー!!!!」の掛け声でイベントは閉幕。視聴者からも「コスプレ最高ー!!」「皆様来年こそ現地で」「来年は池袋行きたい」などのコメントが弾幕となり、初のオンライン開催の池袋ハロウィンコスプレフェスは大盛況のうちに終了した。

「池袋ハロウィンコスプレフェス」公式サイト
https://ikebukurocosplay.jp/

[CHiRO★]