劇場版「鬼滅の刃」初日3日間で興収46億円・342万人動員! 日本歴代1位のスタート

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、10月16日・17日・18日の初日3日間でIMAX38館を含む全国403館に約342万人を動員。興行収入は46億円を突破したことがわかった。

2020年10月16日に全国公開となった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、2019年放送のTVアニメ『鬼滅の刃』最終話で幕を閉じた“竈門炭治郎 立志編”の続きから、無限列車を舞台とする炭治郎たちの新たなる任務を描いた映画だ。
10月17日には、東京のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて監督・キャスト・主題歌アーティストが登壇する舞台挨拶を実施し、全国206館の映画館へ生中継も行っていた。

このたび発表された初日3日間の興行成績は、10月16日が動員91万507人・興収12億6872万4700円、17日が動員127万234人・興収17億172万3350円、18日が動員123万9752人・興収16億5266万9400円というもの。
16日の興行成績は、日本国内で公開された映画の平日における動員・興行収入の歴代1位を記録。また17日・18日についても、日本国内で公開された映画の土日における動員・興行収入の歴代1位となった。

パソコンと携帯電話を使ったWEB初日アンケートでも、「非常に良かった」の84.6%と「良かった」の13.8%をあわせて98.4%と非常に高い満足度を示している『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。
どこまで数字を伸ばすのか、今後の興行成績にもますます期待が膨らむ。

 

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
初日3日間興行成績
10月16日(金) 観客動員:910,507人 興行収入:1,268,724,700円
10月17日(土) 観客動員:1,270,234人 興行収入:1,701,723,350円
10月18日(日) 観客動員:1,239,752人 興行収入:1,652,669,400円

10月16日(金)・ 17日(土)・ 18日(日) 3日間成績
全国403館(IMAX 38含む)
計3,420,493人 4,623,117,450円

2020年10月19日東宝、アニプレックス