映画レビューサイト「Filmarks」アニメの取り扱いを決定 鬼滅、攻殻、エヴァなど約1,300タイトル登録

国内最大級の映画とドラマのレビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」が、アニメシリーズの取り扱いを発表。国内の地上波TV放送、VOD配信などアニメ作品の鑑賞記録が取れるようになる。

「Filmarks」のアニメシリーズの取り扱いは、動画配信サービス普及に伴い、様々なジャンルの作品を視聴する機会が増え、それに伴って映画やドラマ以外の作品の記録や情報収集するニーズも増えているという背景のもと決定された。

アニメタイトルの掲載開始は10⽉中旬〜下旬を予定しており、リリース時は『⻤滅の刃』『進撃の巨⼈』『Fate/Grand Order』『ソードアート・オンライン』『攻殻機動隊』『けいおん!』『化物語』『新世紀エヴァンゲリオン』『魔法少⼥まどか☆マギカ』などかねてよりユーザーからの要望が高かった作品から、『A3! SEASON AUTUMN & WINTER』『魔法科⾼校の劣等⽣ 来訪者編』『神様になった⽇』『ご注⽂はうさぎですか?BLOOM』『池袋ウエストゲートパーク』『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- Rhyme Anima』といった2020年秋アニメまで、約1,300タイトル(計1,700シーズン)を登録。

リリース後も順次登録対象の範囲拡大を行うほか、キャスト・キャラクター名、制作スタッフ・制作会社情報をはじめ、TV放送中・放送予定の作品⼀覧、各動画配信サービスでの配信状況を確認できるページ、そのほかアニメならではの機能の追加も予定している。

[CHiRO★]

「Filmarks」公式サイト
https://filmarks.com/