バンダイナムコアーツ、アニメ制作会社エイトビットと業務提携 「転スラ」2期・スピンオフ制作を開始

株式会社バンダイナムコアーツと株式会社エイトビットが、アニメーションを中心とした映像作品および関連コンテンツの創出を目指して業務提携を開始。業務提携後の初作品として、現在、TVアニメ『転生したらスライムだった件』第2期、同シリーズスピンオフ『転生したらスライムだった件 転スラ日記』の制作を行っている。

この提携は、『転生したらスライムだった件』をはじめ、これまで多くの作品で連携してきた両社が、その過程において、今後より踏み込んだ形で関係強化を図ることで、新しいエンターテインメントの創出が期待できるという思いから実現した。

バンダイナムコアーツは、エイトビットが保有するアニメ制作のラインを活用することで、新規作品を継続的に創出する体制を構築し、ヒットコンテンツの創出力強化を図る狙い。
エイトビットは、 継続的にアニメーションを制作する環境を構築するとともにバンダイナムコアーツのノウハウやネットワークを活用することで事業拡大を行っていく。

今後両社間において、専用の制作ラインを複数構築し、両社若手プロデューサーによる新規作品創出プロジェクトの推進や人材交流、アニメ関連コンテンツの創出・活用により事業連携を進めていくという。

『転生したらスライムだった件』 第2期は2021年1月より第1部、2021年7月より第2部を放送、『転生したらスライムだった件 転スラ日記』は2021年4月より放送予定。

[CHiRO★]

(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会