CGWORLDがネット進出 CG・映像情報サイトオープン

 デジタル分野の書籍・雑誌を発行するワークスコーポレーションは、7月29日にCG・映像関連の情報に特化した情報サイト「CGWORLD.jp(シージーワールド・ドット・ジェイピー」をオープンした。CGWORLD.jpは同社の刊行する看板雑誌「CGWORLD」のネット版との位置づけである。「CGWORLD+digital video」によりプロデユースされる。
 サイトは雑誌と同様に、映像コンテンツや広告業界関係者、クリエイター、そしてそれを目指す人たちをコアユーザーとする。さらに学生や映像ファンまでが楽しめるものとする。これまでネット上に欠けていたCGや映像の情報にフォーカスしたウェブメディアを目指す。

 「CGWORLD」は今年で創刊13年を迎える老舗の雑誌で、毎月およそ1万2000部を発行する。CGや映像の制作に関する記事が充実しており、業界関係者を中心に高い評価を受け、愛読されている。
 月刊CGワールドを刊行する株式会社ワークスコーポレーションは、昨年10月にデジタル分野の人材事業を中心とするデジタルスケープからCGソフトウェア販売のボーンデジタルに譲渡された。今回のインターネット進出は、こうした新たな体制の中での新事業進出になる。関連分野の情報に厚みのあるワークスコーポレーションのウェブメディアは、雑誌の読者だけでなく、幅広いCG・映像関係者に利用されそうだ。

 CGWORLD.jpは、現在はCGアニメーション作品『CAT SHIT ONE – THE ANIMATED SERIES – 』の笹原和也監督/プロデューサーを取り上げ、その演出、プロデュースを紹介している。また今後の特集には「ラブプラス+」、「アイアンマン2 」メイキング、サテライトデジタル部を予告する。こうした特集からCGWORLD.jpの方向性が見て取れる。
 ワークスコーポレーションは当面は月に20から30の 記事を掲載し、独自視点による情報発信を目指す。また、コンピューターグラフィックスだけでなく、実写映像や手描きの領域、ゲーム、映画、CM など映像関する情報を広く取りあげるとしている。

CGWORLD.jp  http://cgworld.jp/
ワークスコーポレーション  http://www.wgn.co.jp/