美少女ゲームの“サブスク”正式サービス開始 「スクイズ」「グリザイア」などアニメ化された作品も遊び放題

美少女ゲームをあらゆるデバイスでプレイできる定額制サブスクリプションサービス「OOParts」の正式版が、2020年4月24日に正式リリースされた。現時点で、『スクールデイズHQ』『グリザイア ファントムトリガー』 など100タイトル以上が用意されており、4月26日まで無料体験できる「#ワンクリックでゲーム開始」キャンペーンが開催されている。

「OOParts」は、100を超えるゲームタイトルが定額で遊び放題のクラウドゲーミングプラットフォームだ。
ゲームは映画や音楽などに比べ、旧作を遊ぶのに苦労することが珍しくないが、本サービスは「“遊べないゲーム”をなくす」を目指して2019年8月にクローズドアルファ版、11月にベータ版をリリース。そして遂に4月24日より正式サービス開始となった。

主にWindows専用に作られた往年のアドベンチャーゲーム(美少女ゲーム)をスマートフォンを含めたあらゆるデバイスでプレイできるのが特徴。さらにクラウド(データセンター)でゲームが起動し、インターネットを介して操作するテクノロジー“クラウドゲーミング”を使用しているため、ゲームのインストールやセーブデータの管理が必要ないのも嬉しい。

現在は、『スクールデイズHQ』『グリザイア ファントムトリガー Vol.1 』『 グリザイア ファントムトリガー Vol.2 』といったアニメ化作品シリーズや、 『魔法少女まどか☆マギカ』で知られるシナリオライター・虚淵玄の初期作『Phantom INTEGRATION』『吸血殲鬼ヴェドゴニア』『鬼哭街』、 そして『CLANNAD』などを手掛けた麻枝准らの初期作『ONE~輝く季節へ~』『MOON.』など100以上のタイトルがラインナップされている。

「OOParts」正式版は期間限定(終了日未定)で月額1,000円。その後は月額3,000円となる予定。また、4月26日まで無料体験できる「#ワンクリックでゲーム開始」キャンペーンが開催中だ。

[CHiRO★]

「OOParts」公式サイト
https://oo.parts/