サンライズ、美術スタッフ育成プログラム「美術塾」を開設 次世代の業界を支える人材育成目指す

アニメーション制作会社のサンライズが、アニメーションのさらなる品質向上を目的に、スキルの高い美術スタッフを育成する「サンライズ美術塾」を2021年4月に開設することがわかった。
半年にわたる実習期間、美術スタッフとしての基礎スキルを取得できる環境を提供することで、実習後は即戦力のサンライズ専属美術スタッフとなって活躍できる人材の育成を目指していく。

いまや国内外を問わず注目を集める日本のアニメーションは、劇場公開される作品の中でアニメが興行収入で上位を占めるなど、人々の生活に潤いを提供するエンターテインメントのひとつとなっている。
サンライズはその中において、アニメーター養成のための「作画塾」を2005年から開き優秀な人材の育成に努めてきたものの、近年は画面全体の7割を占める美術背景スタッフの人材不足が業界全体で深刻化。特に次代を担う若手の獲得が課題で、伝承されてきたさまざまな技術が失われる危機に直面している。

アニメの美術背景はアニメーション制作において、作品全体の世界観・雰囲気を決定づける重要な役目を担う。
そこでサンライズは、今後も質の高いアニメーション作品を制作し続け、より多くの人々によりたくさんの夢や希望、感動を届けていくために自ら美術スタッフを育成すべく、このたび「サンライズ美術塾」を開設する運びとなった。

「サンライズ美術塾」では、『楽しいムーミン一家』『白鯨伝説』『幕末機関説 いろはにほへと』『メガロボクス』『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』など、長年にわたり数々の作品で美術監督を務めている河野次郎が主任講師に就任。そのほかの講師も、現場で活躍する現役の美術監督と美術スタッフが担当していく。

実習期間は2021年4月から9月までの半年間で、美術背景の基本スキルに加えて、実習後には実際の仕事で即戦力となる技能や知識を身につけられるように指導。卒業試験を通過すると、サンライズの美術スタッフとして働く場が用意される。
なお塾生には生活費を心配せず技術習得に集中できるよう、月額10万円・6か月で60万円を支給する奨励金制度も設けられた。これについては、条件付きで贈呈の機会もある。

塾生の募集締切は2020年7月10日。同日必着の提出書類による書類選考のうえ、実技・面接試験を経て8月下旬に合格が決定される。詳細は「サンライズ美術塾」公式サイトまで。

「サンライズ美術塾」概要・募集要項
実習期間:2021年4月~9月までの半年間
実習日時:毎週月曜~金曜(土日祝日・お盆はお休み)10時~18時
実習場所:杉並区荻窪(予定)
授業料:原則として免除 *奨励金:月額10万円の奨励金制度有り(条件付きで贈呈)
募集人数:若干名
応募資格:2021年3月に高等学校を卒業見込みの方、または高等学校以上を卒業された方で、18歳~25歳までの方
募集締切:2020年7月10日(金)書類提出締切(必着)
*書類選考、実技・面接試験を経て同年8月下旬合格決定
*締切は変更となる場合があります。

[仲瀬 コウタロウ]


サンライズ美術塾公式サイト
https://sunrise-inc.co.jp/bijutsu/