「TAAF2020」作品賞は「天気の子」&「鬼滅の刃」に 「アニメ オブ ザ イヤー部門」決定

『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会/『鬼滅の刃』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」(2020年3月13日~16日開催)より、「アニメ オブ ザ イヤー部門」から全部門の受賞作品・人物が発表された。
作品賞では劇場映画部門に『天気の子』、テレビ部門に『鬼滅の刃』が選出。アニメファン賞では『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』が栄誉に輝いた。

「アニメ オブ ザ イヤー部門」とは、各年度の国内全上映・放送作品から最も優れた作品・個人に、アニメ業界のプロフェッショナルの投票による「作品賞」と「個人賞」、および一般のファンの投票による「アニメファン賞」を授与するものだ。

「TAAF2020」では、作品賞のうち劇場映画部門が『天気の子』、テレビ部門が『鬼滅の刃』に決定。
個人賞では原作・脚本部門を『鬼滅の刃』の吾峠呼世晴、監督・演出部門を『天気の子』の新海誠、アニメーター部門を『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』の松島晃、美術・色彩・映像部門を『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の渡邊美希子、音響・パフォーマンス部門を『Fate/stay night 【Heaven’s Feel】』の梶浦由記が射止めた。

『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』(C)UTA☆PRI-MOVIE PROJECT

さらにアニメファン賞は、一般のファンによる投票数551,491票で、『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』が“2019年もっとも愛された作品”となった。

このほか「TAAF2020」では、フジテレビの深夜アニメ枠“ノイタミナ”が2005年4月の設立した15周年を迎えることを記念して、2つの特別プログロムの開催も決定した。

「“ノイタミナ”15周年記念プログラム ~立ち上げの思い~」では、ノイタミナ開始年にあたる2005年度に放送された『ハチミツとクローバー』『Paradise Kiss』『怪~ayakashi~』のそれぞれから1エピソードを上映したうえ、スペシャルトークショーを実施。

「ノイタミナ”15周年記念プログラム ~あなたが選ぶ思い出の3作品~」では、「2005~2009年度」「2010~2014年度」「2015~2019年度」の区切りからファン投票により選ばれた3作品の1エピソードを上映後、作品に携わったスタッフらが登壇してトークを繰り広げる。

「TAAF2020」は2020年3月13日~16日、東京・池袋の池袋シネマ・ロサほかにて開催予定。詳細は公式サイトまで。

「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」
■日程:2020年3月13日(金)~16日(月)
■会場:池袋シネマ・ロサ、池袋HUMAXシネマズ、グランドシネマサンシャイン
    シネ・リーブル池袋、新文芸坐、区民ひろば南池袋、
    サンシャインシティ噴水広場、サンシャイン水族館、
    豊島区庁舎、Hareza池袋、WACCA 池袋 ほか
■主催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会
■共催:東京都
■特別協賛:豊島区
■事務局:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会事務局(一般社団法人日本動画協会内)

[仲瀬 コウタロウ]

公式サイト:https://animefestival.jp/ja