「ちはやふる」著者・末次由紀を発起人に“ちはやふる基金”設立 公式サイトが運営開始

ちはやふる基金

マンガ『ちはやふる』の著者・末次由紀を発起人として、競技かるたの業界発展を支援する一般社団法人「ちはやふる基金」が設立された。これに伴い1月14日より、漫画家コミュニティ「コミチ」による公式サイトの運営がスタートした。

「ちはやふる基金」は、マンガ『ちはやふる』著者の末次由紀を発起人に立ち上げられた、競技かるたの情報発信や各種大会の運営サポート、小倉百人一首のさらなる普及復興を目的とする一般社団法人だ。
同基金では「かるたに恩返しがしたい」という末次の強い意向のもと、「かるたを愛するみんなのために」をスローガンに掲げており、競技かるたの関係各所にかかる運営負担の軽減のための支援を行っていく。
また競技かるたと小倉百人一首のさらなる復興を目的とした、継続的・多角的なサポートにも取り組む。

なお「ちはやふる基金」は競技かるた会への支援の第一歩として、まず2020年2月23日に嵯峨嵐山文華館で開催される「ちはやふる小倉山杯」に協賛する予定だ。

[仲瀬 コウタロウ]

<ちはやふる基金公式サイト>
https://chihayafund.com

<ちはやふる小倉山杯公式サイト>
https://ogurayama.chihayafund.com