集英社、「賞金総額最大1億円40漫画賞」を創設 「ヤンジャン」ほか青年コミック誌が総力を結集

「週刊ヤングジャンプ」「グランドジャンプ」「ウルトラジャンプ」など集英社の青年コミック誌を手掛ける各編集部が、新たな才能との出会いに向け総力を挙げて取り組む漫画賞「賞金総額最大1億円40漫画賞」を創設した。
2020年1月9日より、郵送と持ち込み、公式特設サイトのWebフォームにて投稿を受付中だ。

「賞金総額最大1億円40漫画賞」は全40テーマの漫画賞を設け、各漫画賞の賞金総額が最大で1億円となる新たな漫画賞だ。
受賞作品には、Webサイト「となりのヤングジャンプ」や公式アプリ「ヤンジャン!」への掲載権のほか、大賞受賞作品への100万円をはじめとする賞金が進呈される。

審査員には、『キングダム』の原泰久や『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の赤坂アカといった「週刊ヤングジャンプ」連載作家陣、および末次由紀や福本伸行といった人気漫画家が名を連ねた。さらにプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐や宇宙飛行士の野口聡一など、各界の様々な著名人も参加するという。

このほか開催にあわせて、TENGAなど協力企業の特別協賛、および“マンガファンのためのマンガ情報サービス”「アル」の全面協力のもと、40の漫画賞を盛り上げる様々な企画も実施される予定だ。

「賞金総額最大1億円40漫画賞」の投稿締め切りは2020年5月31日まで。作品投稿は郵送と持ち込みのほか、公式特設サイトのWebフォームからも受け付けている。
全40の漫画賞の概要や応募要項、賞金については公式特設サイトまで。

[仲瀬 コウタロウ]

「賞金総額最大1億円40漫画賞」公式特設サイト
https://yj40comicaward.jp/