「プロメア」プロデュース会社・ARCH、「アズレン」Yostarの新設アニメスタジオに参画へ


劇場アニメ『プロメア』などのプロデュースを手掛けるARCHが、スマートフォン向けゲームアプリ『アズールレーン』のYostarが新設するアニメーション制作会社「Yostar Pictures」の設立および経営に参画することがわかった。

「Yostar Pictures」は、『アズールレーン』をはじめ多数のアプリ配信、IP展開を手掛けるYostarが、IP戦略の一環として位置づける保有IPのアニメ映像への展開を、同社が求める形で制作するべく立ち上げたアニメーション制作会社だ。

一方、ARCHはアニメーション製作・制作に関するノウハウはもとより、経営視点を備えた企画戦略の立案・実装において強みを持つプロデュース会社であることから、このたびの参画ではその組織構築から戦略立案、作品製作・制作についてサポート、実装を担当。資本出資も行ったうえで、「Yostar Pictures」に力を添えることになった。

ARCHは今後、Yostarの戦略を具現化し魅力的なアニメーション映像を創出するため、保有するアニメーション製作・制作に関するノウハウ・人脈を最大限に活用して、「Yostar Pictures」の経営参画に注力していく構えだ。

[仲瀬 コウタロウ]

「ARCH-アーチ株式会社」公式サイト
https://archinc.jp/ja/