円谷プロ&東映アニメーション、新アニメ「KAIJU DECODE」を共同制作へ テーマは“怪獣と少女の物語”


円谷プロダクションと東映アニメーションが、世界へ向けた新アニメ『KAIJU DECODE 怪獣デコード』を共同制作することがわかった。
「TSUBURAYA CONVENTION 2019」での詳細発表に先駆けて、円谷プロダクション代表取締役会長兼CEOの塚越隆行、東映アニメーション代表取締役社長の高木勝裕からコメントも到着した。

『KAIJU DECODE 怪獣デコード』は、“怪獣と少女の物語”をテーマに共同制作されるCGアニメーションだ。
『ウルトラマン』シリーズをはじめ数々の実写特撮作品で様々な魅力を持つ怪獣を世界中に届けてきた円谷プロと、60年以上の歴史を誇る国内最大手のアニメーション製作会社である東映アニメーションが手を組み、海外でも幅広い世代に受け入れられるハイクオリティーの作品を目指していく。

なおプロデューサーは、『楽園追放 -Expelled from Paradise-』や『正解するカド』といったアニメをはじめ、実写映画のVFXでも活躍している東映アニメーションの野口光一と、様々な円谷作品を手掛けてきた円谷プロの隠田雅浩が担当。
作品の詳細は、12月14日に開催される円谷プロ史上最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION 2019」のオープニングセレモニーにて、野口と隠田の登壇のもと発表される予定だ。
[仲瀬コウタロウ]

<以下、コメント全文掲載>

 

【塚越隆行(株式会社 円谷プロダクション 代表取締役会長 兼 CEO)】


円谷プロダクションの代名詞の一つである怪獣を、より多くの皆さんに楽しんでもらいたいと考えている時、この「怪獣と少女の物語」の企画に巡り会いました。今回タッグを組む東映アニメーションは、日本で最も古い歴史と高いクオリティーを有すると同時に、時代を反映した少女が主人公の名作を数多く生み出してきたアニメ製作会社です。アニメと特撮、その老舗2社が互いの持ち味を活かし、世界に向けた作品づくりを目指すこのプロジェクトにご期待ください。

【高木勝裕(東映アニメーション株式会社 代表取締役社長)】


東映アニメーションは新しい取組みとして、円谷プロダクションとの共同プロジェクトを始めます。当社がこれまで培ってきた映像制作の技術に加えて、今回も新たなチャレンジを行います。両社の組み合わせに驚きを感じる方もいらっしゃるかと思いますが、映像を 通して更なる驚きを感じていただけるように製作を進めてまいります。ご期待ください。

『KAIJU DECODE 怪獣デコード』
企画・原作:円谷プロダクション、東映アニメーション
プロデューサー :野口光一、隠田雅浩
作品形態:CG アニメーション
(C)円谷プロ・東映アニメーション
※詳細は12/14(土)開催の「TSUBURAYA CONVENTION 2019」オープニングセレモニーにて発表予定。

「TSUBURAYA CONVENTION 2019」オープニングセレモニー
開催日時:2019 年 12 月 14 日(土) 開場 9:00~/開演 10:00~
会場:TOKYO DOME CITY HALL
チケット:S 席 3,800 円、A 席 2,800 円、B席 2,000 円
(12/15(日)クロージングとのセットチケット有り)
出演者:斎藤工(『シン・ウルトラマン』出演)、樋口真嗣(『シン・ウルトラマン』監督)他

『KAIJU DECODE 怪獣デコード』公式ティザーサイト