「エヴァ」中京圏との連携プロジェクト、企画第1弾が発表 “金色”の初号機巨大立像など

「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト ~名古屋・ささしまライブから世界へ発信~」(C)カラー

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が2020年6月の公開を控えるアニメ『エヴァンゲリオン』と、愛知県・名古屋市を中心とした中京圏エリアの連携によるプロジェクト「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト~名古屋・ささしまライブから世界へ発信~」が、2020年1月から3月にかけて実施される。このたびその企画第1弾として、中部国際空港セントレアに“金色”のエヴァンゲリオン初号機が降臨することなどが発表された。

 

「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト~名古屋・ささしまライブから世界へ発信~」は、「国際歓迎・交流の拠点」である名古屋でもっとも新しい街・ささしまライブを中心に、日本を代表するアニメコンテンツ『エヴァンゲリオン』で空間演出をすることで、国内外からの観光客誘致を図りインバウンド施策に寄与することを目指すもの。

開局50周年を迎える中京テレビが本社を置く名古屋・ささしまライブのほか、国内外の玄関口となっている中部国際空港セントレア、そして愛知県全体および海外にて、さまざまなコラボ企画を展開するプロジェクトだ。 

 

企画第1弾として発表されたのは、ささしまライブでの約6メートルの「エヴァンゲリオン初号機巨大立像」の設置をはじめ、中部国際空港セントレアでの「<金色>エヴァンゲリオン初号機巨大立像」の設置および『エヴァンゲリオン』アートワーク展の実施など。

特に、ささしまライブは『エヴァンゲリオン』の舞台である“第3新東京市”のイメージと酷似していると言われることもあり、名古屋が“第3の都市(首都)”であるという観点からも親和性を感じさせる、名古屋ならではのレアコンテンツとなった。

 

「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト」は今後、特設サイトにて2019年12月上旬頃の情報発信を予定している。立像ビジュアルの公開やラッピングトレインの情報など、さらなる続報を楽しみに待ちたい。

 

「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト ~名古屋・ささしまライブから世界へ発信~」

期間:2020年1月~3月 90日間(予定)※一部コンテンツは先出し及び期間延長あり。

場所:

(1)ささしまライブエリア

(2)中部国際空港セントレア

(3)名古屋鉄道グループ

(4)台湾

主催:エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト実行委員会

   愛知県/名古屋市/ささしまライブ24まちづくり協議会/中部国際空港株式会社/名古屋鉄道株式会社/名古屋臨海高速鉄道株式会社

事務局:中京テレビ放送株式会社

(C)カラー

 

[仲瀬 コウタロウ]

「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト ~名古屋・ささしまライブから世界へ発信~」

公式サイト:https://www.ctv.co.jp/eva/