バンダイナムコアーツ、studioMOTHERへ出資  「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの展開強化のため

株式会社バンダイナムコアーツが、『宇宙戦艦ヤマト』の原作元であるボイジャーホールディングス株式会社を中心として設立されたアニメーション企画・制作スタジオstudioMOTHER株式会社に対して、出資を実施。バンダイナムコアーツは今後、ボイジャーホールディングスとのパートナーシップによる『宇宙戦艦ヤマト』シリーズの展開強化を行っていくという。

今回の出資は、中期経営計画の重点戦略に「ヒットコンテンツの創出力強化」を掲げ、数々のコンテンツプロデュースを行うバンダイナムコアーツが、2019年5月に設立されたstudioMOTHERに対して実施。

出資により、アニメーション制作ラインの増強によるヒットコンテンツの創出力強化を実現し、ボイジャーホールディングスとのパートナーシップによる『宇宙戦艦ヤマト』シリーズの展開強化を行っていくとのこと。
また、studioMOTHERの設立後初のアニメーション制作作品として『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 総集篇(仮)』(2020年劇場上映)が予定されている。

[MoA]

「バンダイナムコアーツ」公式サイト
https://www.bandainamcoarts.co.jp/

■studioMOTHER株式会社 【会社名】 studioMOTHER株式会社(スタジオマザー) 【所在地】東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-8-5 OSAWAビル2F 【代表取締役社長】下地 志直 【事業内容】アニメーション作品の企画・制作